宮内義彦の名言・格言|トップが6カ月休んでもビクともしない経営体制を作れ

経営トップが6ヶ月休んでも会社はビクともしない。ただし3年さぼったら会社がおかしくなるといった体制を作るのが経営トップの仕事だと思っています。日々のオリックスは、課長クラスが動かしていることになります。もしこのような形で、それぞれの管理職が自らの持ち場を守って仕事ができるとすると、経営トップは自社の三年先の姿を描き、それに向けて大きな戦略的なことに目を向けることができます。

宮内義彦 の経歴

宮内義彦、みやうち・よしひこ。オリックス・グループ会長。神戸出身。関西学院大学商学部、ワシントン大学経営大学院でMBAを取得。日綿實業(現ニチメン)に入社。その後、ニチメンと三和銀行の合弁会社オリックスに移籍し、代表取締役社長を経てオリックスグループ会長へ。経済同友会副議長、日本フィルハーモニー交響楽団理事長なども務めた。財界一の野球好きとして知られ、阪急電鉄から球団を買い取り、名物オーナーとして活躍した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の意にならない、そんなつらいときにこそ成功する。自分の都合のいい条件でやっても成功はない。なぜなら、これをこうすればとか、こうなればとか、さらにいい条件を期待してしまう。そうなれば、すべてに甘えが出て絶対に成功しなくなるのです。

充実した毎日を送ってください。それがすべて芝居につながっていくし、一生の助けになるから。

世の中はビジネスチャンスにあふれている。ビジネスチャンスを感じ取り、行動に移す「察知力」のある人材が結果を出せる。ビジネスチャンスを掴む観察力とは、瞬時に分析・判断し決断をする直感力。その直感を生み出すのは、受験勉強で鍛えられた左脳ではなく、実戦の中で鍛えられた右脳です。

我々は自然体がモットーです。グループ会社になったから、すべて一緒にする必要はないと考えています。

オラクルに在籍していた当時、休暇中のハワイの海で泳いでいたときに、アマゾンのウェブサイトとオラクルのサイトを同時に思い浮かべたところ、機能をネットワークに乗せ、必要な期間に必要な容量のサービスをネット上で提供するクラウド型サービスのアイデアがひらめいたのです。これがセールスフォースの業態につながっています。

営業は、窓口の担当者の人事評価が上がるような提案をしてあげなさい。

自分の貴重な人生を、会社の求める成果やノルマのために消費するのはもったいない。自分の成長を軸に考えるなら、成果に重きを置くのではなく、成果を達成するプロセスの中で何を学ぶかが重要でしょう。成果が達成できなければ、自分の何かが未熟だということだから、どこを変えれば成績が上がるかを考える。そうすれば、仕事を通して学ぶことができるでしょう。

ビジネスの世界はすべて約束で、その約束は必ず守られなければならないし、結果に対して責任を取らねばならない。

(マホガニーで自転車をつくったのは)世界をあっと言わせることができると思ったから。自転車はカーボンファイバーなど固い素材を使ったほうが速く走ると考えられています。でも、僕がいままで学んだり、木造船造りでの経験したりしたことに照らし合わせると、どう考えても木で造った方が速いんです。実際、カーボンより軽いマホガニーの船を造った経験がありましたし。船でできたのなら、自転車でもできるはずです。それで造ろうと思ったんですよ。

なぜ他社に先駆けて土地の手当てができるかというと、即断即決だからです。朝、土地を見に行って、その日のうちに事業プランをつくらせる。これはいけるとなったら、夕方には土地所有者に会い、キャッシュで購入します。これがアパの強みです。これを繰り返していると土地情報が最初に当社に入ってくるようになる。入ってくるから買う。この好循環ができています。

ページの先頭へ