アインシュタインの名言・格言|他人のために生きる意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は毎日、何百回となく自分の精神と肉体がすでに亡くなった人々や、生きている人々の労働によって支えられていることを思い返している。だから、私も同じように人々のために献身しなければならないのだ。


アルバート・アインシュタイン の経歴

アルバート・アインシュタイン。アルベルト・アインシュタイン。ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。相対性理論を確立。生前からメディアで大きく取り上げられた人物。世界で最も有名な科学者の一人。幼少期から幾何学などに興味を持ち、9歳でピタゴラスの定理を自力で証明した。スイスのチューリッヒ連邦工科大学を卒業。いくつかの職を経た後、スイス特許庁に就職。仕事の傍ら物理論文を書き大学に提出。論文が認められチューリッヒ大学助教授となる。プラハ大学、チューリッヒ連邦工科大学などで教授職を務めた。ノーベル物理学賞受賞者

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生に勝利するには、何より勝つ心がけが必要である。人が八時間働くなら、十五時間働く気概、人がうまいものを食べているときには、自分はうまいものを食べないだけの度胸がなければいけない。

大きな冒険や勝利、創造的な行動に邁進するとき、人はこの上ない喜びを得る。

人間が経験する苦難というものは、その人間が苦難の重みにひしがれて卑屈になったり、卑怯になったり、野卑になったり、貪欲になったりしないだけの「魂の力」を持ってさえいれば、この上なく立派な人生の師なのです。そして魂の力はそうした数々の苦難を克服するたびごとにぐんぐんと成長して、ふたたび次に来る苦難と対決します。

人生は苦しい。人生は多くの人々に、陰惨な、希望のないものと思われています。しかし、それにしても、だんだん明るくなり、楽になってゆくのは、認めないわけにはいきません。そしてどうやらまったく明るくなってしまうときも、そう遠くはないらしい。

徳とは、我々にとって中庸である行為を選択する態度である。

幸福とは最高の善なり。幸福なる生活とは徳に即しての生活と考えられる。幸福は満足できる人間に訪れる。幸福は自主自足のうちにある。

私たちには過去の誰よりも自由、可能性、選択肢がある。それと同時に、無用なもの、凡庸なもの、えり分けて捨てるべきゴミなどもかつてないほどたくさんある。

ページの先頭へ