丸谷智保の名言|地域というものを深く掘り下げていくと、様々なニーズが出てくる

地域というものを深く掘り下げていくと、様々なニーズが出てくる。大きな利益は望めないかもしれないが、必要とされる限りにおいては、地域とともに存続が可能なのではないか。

丸谷智保 の経歴

丸谷智保、まるたに・ともやす。日本の経営者。コンビニエンスストア「セイコーマート」社長。北海道出身。慶應義塾大学法学部卒業後、北海道拓殖銀行に入行。広報宣伝、商品開発などの業務を担当。同銀行破綻後、シティバンクに移り札幌支店長、顧客・人材開発本部長などを務めた。その後、セイコーマートに入社し副社長を経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

外国人とは、主語が「I」や特定の「We」の会話でないとダメだ。日本語は、主語がなくて話せる言語なので、思いやりを込めたり、何かいい感じで表現できたりするが、それはごまかしに結びつく。誰かが言っていた、あるいはそうらしいという話で済ませることになる。私がこうやりたいのだ、だから責任を持ってやれる。こういう表現にならない限り、世界では通用しない。

山元賢治の名言|世界で通用しない話し方、通用する話し方


ある役職に就いたら、すぐに後任の育成を考えるように心がけています。下にチャンスを与えるためには、上がポジションの維持に固執することを避けるべきです。下の世代が成長すれば、おのずから自分の成長へのモチベーションにもつながります。

冨田智夫の名言|ある役職に就いたら、すぐに後任の育成を


説教だと思われたら負け。そう思われた瞬間に「あーまた始まった」となって話の内容を受け入れてもらえません。遠回しの話もダメで、長いのもダメです。ダイレクトに短く話すことを心がけています。

井村雅代の名言|説教だと思われたら負け


事業機会は、想像出来うる限り、未来の未実現のニーズがあるので、無限に存在する。

村口和孝の名言|事業機会は、無限に存在する


アイリスは内製化比率が高いという特徴があります。つまり、川下からニーズが上がってきたら、自分で作ってしまうのです。いまや日本の大手メーカーの大半は、アッセンブリー(組み立て)をやっているだけで自分ではものを作っていません。下請けに部品を作らせて、それを組み立てて、ラベルを貼って出荷しているだけ。だから、仮にニーズをキャッチできても、もはや自力で新しいものを作る力はないのです。しかし、うちの場合は何でも自作してしまう。だから、こういうものが欲しいというニーズに柔軟に応えていけるのです。

大山健太郎の名言|ユーザーのニーズに迅速に対処するには内製化比率を上げる必要がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ