小宮一慶の名言|経営者は社運を賭ける決断が必要になるほど会社を追い詰めてはいけない

経営者は社運を賭ける決断が必要になるほど会社を追い詰めてはいけない。それは自分が無能だと暴露しているようなもの。

小宮一慶 の経歴

小宮一慶、こみや・かずよし。日本の経営コンサルタント。大阪府出身。京都大学法学部を卒業後、東京銀行に入行。ダートマス大学でMBAを取得。東京銀行本店で外国為替・債券ディーラーやM&Aを担当した。独立後はコンサルティング活動や各種企業で社外取締役を務めている。明治大学会計大学院特任教授、ルーマニアのスピルハレット大学客員教授なども務めている。金融・会計分野に強く「1秒で財務諸表を読む方法」「お金を知る技術 殖やす技術」「戦略経営のための管理会計入門」などの著書を持つ。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勉強するほど、新しいことがわかる。楽しくて仕方がなかった。

牛場靖彦の名言|勉強するほど、新しいことがわかる


ダイバーシティ(多様性)は、企業として推進すべきです。ダイバーシティを導入すると、波風が立ち、最初は心地よいものではありません。しかし最初のヤマを乗り越えれば、間違いなく企業文化は変わります。内向きな文化は消え、企業は活性化します。

志賀俊之の名言|ダイバーシティは企業を活性化させる


飲食は唯一、小が大に勝てる。たった5席の店で隣に500席のラーメン屋が開業したとしても知恵を駆使できる人材がいれば勝機は必ずある。

坂本孝の名言|飲食は唯一、小が大に勝てる


大切なのは、人並み以上に努力することやで。

岡藤正広の名言|大切なのは、人並み以上に努力することやで。


開発は開発だけ、購買は購買だけ、生産は生産だけというように、何十年も同じ部門にいてトップに上り詰める人事制度は、健康体とは言えません。実際、開発はこれまで自分の意志と考え方に基づいてクルマを開発していたわけです。そうすると、どうしてもお客様はもとより生産や販売などの部門のことを考えない、自分本位の思考になってしまいます。ほかの部門を知らなければ、相手のことを考えろといっても無理ですよね。

益子修の名言|ほかの部門を知らなければ、相手のことを考えろといっても無理


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ