駒村純一の名言|学習意欲があるかどうかが組織を率いる人にとって必須の条件

熱意があると人は勉強する。技術の進歩はもちろん、価値観すら変わり続ける現代では、学習意欲があるかどうかが組織を率いる人にとって必須の条件。

駒村純一 の経歴

駒村純一、こまむら・じゅんいち。日本の経営者。「森下仁丹」社長。東京都出身。慶應義塾大学工学部卒業後、三菱商事に入社。三菱商事傘下のMiteni(イタリア)社長として経営再建を達成。その後、森下仁丹に入社し、執行役員、専務を経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私もまだまだ修行中です。伝え方というのは本当に奥が深い。日々勉強です。

高田明の名言|私もまだまだ修行中


製造コストが国際競争力を失って収益が悪化したわけではない。競争力は持っているのだから、固定費を抑え、もう一度やるべきことに集中すれば日本でモノづくりを続けられる。

坂根正弘の名言|固定費を抑え、もう一度やるべきことに集中すれば日本でモノづくりを続けられる


私は軸がぶれない経営をしたいと強く思っています。社員をはじめとするステークホルダー(利害関係者)との約束を守るためには、単なる思い込みに頼らず、常に客観性を保つことが必要だと信じています。

中村史朗の名言・格言|客観性と軸がぶれない経営をしたい


モチベーションが下がっているとき、真っ先にすべきことは、自分の立ち位置を確認すること。自分は何がしたくてその会社に入ったのか。いまはどんな部署にいて、その仕事は自分の将来にどう活きてくるのかを考えるのです。導き出された答えに納得できれば、目先の成果に一喜一憂することはありません。

高城幸司の名言|モチベーションが下がっているときにすべきこと


現場の若手の意見、疑問は非常に参考になります。そこで聞いた意見を基に、すぐに組織を変えたこともあります。

柳弘之の名言|現場の若手の意見、疑問は非常に参考になる


人が「上から目線」を意識するのは、「相手が自分を見下している」と感じたときです。見下されていると感じるのは、自分に自信がないからです。だから常に、「相手と自分のどちらが上か」を比較し、「下に見られた」と思ったり、「能力を見限られた」と思ってしまう。そして、相手が上司であっても、「自分より優位に立ってものを言うのが許せない」と考えるのです。

榎本博明の名言|見下されていると感じるのは、自分に自信がないから


相手のせいにしていても何の進歩もない。最初に向き合うべき相手は自分。誰よりも先に律さなければいけないのは自分。

和田裕美の名言|相手のせいにしていても何の進歩もない


野球は「意外性のスポーツ」。弱者が強者を倒す、番狂わせが大いにありえる世界なんだよ。経済と天気と野球の予想は当たらないという。番狂わせが多いから、野球は面白いんだ。経済と天気は当たるほうがいいがな。

野村克也の名言|番狂わせが多いから、野球は面白いんだ


若いうちに自分の判断で仕事ができる地位についた人は、報酬の多寡は抜きにして、それだけでも得をしていると言える。

法華津孝太の名言|若いうちに自分の判断で仕事できる地位につくことは良いこと


「こうありたい」という自分のベクトルを明確にして、それを強く意識することが大切です。僕自身、「何のために、政治家をやっているのか」は、常に意識しています。

中田宏の名言|何のためにやっているかを忘れないことの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ