駒村純一の名言|学習意欲があるかどうかが組織を率いる人にとって必須の条件

熱意があると人は勉強する。技術の進歩はもちろん、価値観すら変わり続ける現代では、学習意欲があるかどうかが組織を率いる人にとって必須の条件。

駒村純一 の経歴

駒村純一、こまむら・じゅんいち。日本の経営者。「森下仁丹」社長。東京都出身。慶應義塾大学工学部卒業後、三菱商事に入社。三菱商事傘下のMiteni(イタリア)社長として経営再建を達成。その後、森下仁丹に入社し、執行役員、専務を経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

元々僕がこの世界に入ったきっかけは近所のおばさんが映画のオーディションに僕の写真を送ったこと。つまり自ら望んで飛び込んだ世界じゃなかった。ただ、逆に望んだ世界じゃなかったからこそ、冷静に自分を分析できたのかもしれない。「何もない自分のままじゃ数年後には芸能界から消える!」と危機感を抱けたから。

郷ひろみの名言|望んだ世界じゃなかったからこそ、冷静に自分を分析できた


サラリーマンなら皆、自分の仕事について十分わかっているつもりでいます。しかし、普段から自分たちがやっていることの内容や今後の課題、それに対する自分の思いをきちんと頭の中で整理しているかどうか。とっさの場面で即答できるかどうかは、そこにかかっていると思います。

草野仁の名言・格言|常にいまやっていることの内容や今後の課題を整理しておく


非言語コミュニケーションというと、表情や立ち居振る舞いなど、自分から発信することにばかり意識が向きがちです。しかし、非言語コミュニケーションを円滑に進めるには、相手の表情やしぐさなどを観察し、相手が求めていることを受信する力が不可欠です。自分が話していることを相手が理解できていないとき、それは表情やしぐさに表われます。それにすばやく気づいて、「ご存知だとは思いますが、これは……」とさり気なく説明できる人こそが、受信力の高い人です。このような人は、心地よい人間関係を維持したまま、相手とのコミュニケーションを深めていくことができます。

竹内一郎の名言|非言語コミュニケーションを円滑に進めるために必要な力


中国の地場メーカーの便器は、高級品の10分の1ほどの価格です。戦う世界が違います。当社は海外ではハイエンド、もしくはアッパーミドルしかやらないと決めています。シェア拡大を狙わなくても、富裕層のパイが確実に伸びているから売上高も伸びます。「シェア争いはするな」と言っています。

張本邦雄の名言|価格競争、シェア争いはするな


若手には「早く店長になれるように頑張れ」といつも声をかけています。それは店長になるために学び、店長として積み重ねた経験が、今後どの部署に行っても必要とされるからです。店舗運営の大変さや店長の苦労がわからなければ、正しい意思決定を迅速に行なうどころか、「スタッフ運営意見」で本社に随時報告されてくる店舗の問題すら理解できません。その意味で、店舗のことをわかっている人材をどれだけ早く育てることができるかが、勝負だと思っています。

遠藤結蔵の名言|店舗運営の大変さや店長の苦労がわからなければ、正しい意思決定を迅速に行なうことはできない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ