森山透の名言|働き甲斐を提供できる会社でなければ、前向きに働くこともできず、行き詰まる

働き甲斐を提供できる会社でなければ、前向きに働くこともできず、行き詰まる。

森山透(経営者) の経歴

森山透、もりやま・とおる。日本の経営者。「三菱食品」社長。福井県出身。一橋大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。ローソン専務、三菱商事執行役員、常務、生活産業グループCEO(最高経営責任者)、アジア・大洋州統括などを経て三菱食品社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私も若いころは先輩から大いにしごかれました。中でも現場の神様と言われた大野耐一さんには、よく叱られました。あるとき「お前は駄目だ。己のために部下を育てている」と指摘され、ハッとしました。自分ではなく、会社のために部下を育てろ。つまり、私利私欲を捨てろという教えです。

張富士夫の名言・格言|私利私欲を捨て、会社のために部下を育てる


学問は「問いに学ぶと」書くように、どれだけ優れた問いを立てたかが大切。

サンキュータツオの名言|どれだけ優れた問いを立てたかが大切


世の中にはよく、「あのヤロー、いい暮らしをしやがって」とか、「なんだ、贅沢な暮らしをしやがって」と言う人たちがいます。ただむやみにうらやましがって、結果だけを見てブーブー言って妬んでいる人が多すぎます。その結果を見て妬む前に、その結果に至るまでの過程、プロセスを見なければなりません。そうすれば、その努力を見て、「なるほどなあ」と納得して妬まなくてすみます。

美輪明宏の名言|成功者の結果を妬むより、成功までの過程を見ることの重要性


ミスを許すことも重要。その社員が成長した後に会社に利益をもたらすようになるかもしれないですから、ミスをしたら絶対に許さないというスタンスで厳しく叱りつけるだけではいけません。たとえそれがどんなに低レベルのミスであっても、上司としてそれを許し、成長させていくことも必要です。

近藤太香巳の名言|ミスを許すことも重要


他社のロボットは朝、目覚ましでピピピとアラームを鳴らしてユーザーを起こすと思います。便利さを求めるならそれでいい。でも「Gatebox」」は、かわいさにこだわっています。たとえばピピピの代わりに「起きてくれないとイタズラしちゃうぞ」といったり、それでも起きないと怒りだしたり。僕らはそういった人間らしさを追求している。そこが大きな違いです。

武地実の名言|人間らしさを追求する


具体的に「明日の午前中までに」などとノルマを課して計画を立てないと、物事って進まないと思うんです。上司と部下の間でも、ちゃんと期限を聞いて、無理を言われたら「明後日の午後までならできます」、あるいは「この仕事の締め切りもあるんですけど、どちらを優先したらいいですか?」と尋ねてプライオリティを明確にすることが大切ですね。

山崎将志の名言|期限がないと物事は進まない


何か新しいことを始めるにあたり、決裁書類に上司のハンコをいくつももらって、最終的に社長に上げる……というような仕組みは、弊社にはありません。社員は直接私や上長と話をして、そこで私も意見を言い、議論して、物事を進めていくのです。

田中仁の名言|決裁書類ではなく議論して物事を進める


学校経営にしろ、クリニック経営にしろ、基本軸は、人を大事にして、人を活かし、その力の合成である。

了徳寺健二の名言|基本軸は、人を大事にして、人を活かし、その力の合成である


自分のできることや考えをしっかりと打ち出していくことは、あらゆるビジネスシーンで必要なこと。

テリー伊藤の名言|自分のできることや考えをしっかりと打ち出していくことは、あらゆるビジネスシーンで必要なこと


いつも背伸びをしてきたからこそ、いまがあるのかもしれません。背伸びをしない人は伸びないですもの。

野口弘子の名言|背伸びをすることの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ