萩本欽一の名言|それぞれが得意なことをやってると、チームとしてのまとまりもできるし、いい仕事になる

それぞれが得意なことをやってると、チームとしてのまとまりもできるし、いい仕事になる。

萩本欽一 の経歴

萩本欽一、はぎもと・きんいち。日本のコメディアン。東京出身。高校卒業後、浅草の東洋劇場へ入団。芸を磨いたのち、浅草フランス座に出向し、のちにコント55号の相方となる坂上二郎と出会う。コント55号を結成し人気を博し、80年代には高視聴率番組を多数生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

組織の優劣を決める要素は、そこで働いている社員の人間力の差。通常の業務やプロジェクトチーム活動、イベント活動などを通じて、どれだけ社員一人ひとりが人間力を高めていけるのかが課題。

横田英毅の名言|組織の優劣を決める要素は、そこで働いている社員の人間力の差


政治家にしろ、一部の投資家にしろとかく短期的な思考に陥りがちです。しかし、経済人はそれではいけない。考え方のスケールを地球規模で広く、長くとって、持続的な成長を考える大局観が求められている。

松下正幸の名言|考え方のスケールを地球規模で広く、長くとって、持続的な成長を考える大局観が求められている


銀行では、仕事を通じて様々な企業の経営者と知り合うチャンスがある。しかも融資の際には、事業計画から財務内容、社長の経営理念まで会社のすべてをさらけ出してもらうことになる。そうした点でも、将来起業する際の勉強になると考えた。
【覚書き|三和銀行入行を決めた時を振り返っての発言】

松田公太の名言・格言|起業の勉強をするために就職する


私がいつも言うのは「議論が大事だ」ということです。議論とはケンカではなく、相手の経験をそっくりもらうことです。もし100人の経験知が議論によってまとまれば、すごいアイデアが生まれるでしょう。私が社員よりも優れているのは、経験知の多さだけです。失敗の経験だけは、誰よりもしてきていますから(笑)。その経験知を社員に与えていくのが、私の役割だと考えています。

貞末良雄の名言|議論とは相手の経験をそっくりもらうこと


私は、どんな仕事もプロジェクトであると思います。求められる納期・予算・品質を満たすこと。どんなルーティンな仕事でも、この三つは当てはまるでしょう。そのため、私はプロジェクトマネジメントの発想で、仕事に向き合っています。

三木雄信の名言|どんな仕事もプロジェクトである


本能から脱して、仕事を溜め込まないようにするにはどうすればいいのか。まず、経験を通じて学習することです。自分の失敗体験をフィードバックし、次へ活かす。そして、知識を持つこと。人が持っているバイアスを自覚するだけでも、非合理な行動を減らせるでしょう。

友野典男の名言|経験を通じて学習することが大切


なぜ利益にこだわるかというと、利益は課題解決の尺度だから。お客さんに対して、いい課題解決が提供できているから利益が生まれるということです。

川邊健太郎の名言|利益にこだわるべき理由


店を閉めるということは、儲けなくてもいいということや。これまで以上に儲けた分、売上げはすべて店長や店員で分けなさい。

【覚え書き|創業3年目、経営危機で会社を畳む寸前の発言。この言葉に奮起したスタッフの頑張りで窮地を脱した】

加藤朝雄の名言|儲けた分、売上げはすべて店長や店員で分けなさい


人と同じことをやらないからこそ、ある程度成功できた。

橘俊夫の名言|人と同じことをやらないからこそ、ある程度成功できた


あらゆる言葉は「人と人との関係をよくするため」のもの。これを言語学では「ファティック」といいます。僕の祖父、金田一京助の言葉を借りれば、「心と心を湿らす」のが言葉です。だから、皆さんもこれからもムダ話を続け、多くのよい関係を築いていってほしいと思います。

金田一秀穂の名言|あらゆる言葉は「人と人との関係をよくするため」のもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ