萩本欽一の名言|それぞれが得意なことをやってると、チームとしてのまとまりもできるし、いい仕事になる

それぞれが得意なことをやってると、チームとしてのまとまりもできるし、いい仕事になる。

萩本欽一 の経歴

萩本欽一、はぎもと・きんいち。日本のコメディアン。東京出身。高校卒業後、浅草の東洋劇場へ入団。芸を磨いたのち、浅草フランス座に出向し、のちにコント55号の相方となる坂上二郎と出会う。コント55号を結成し人気を博し、80年代には高視聴率番組を多数生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

心が疲れているときは、いきなり大きく環境を変えようとはせずに、まずは小さなことから変えてみるのがいいと思います。

香山リカの名言|心が疲れているときは、大きくではなく小さく変える


社員によく「ナンバーワンを目指せ」と言っていますが、これは必ずしも、売上や利益でナンバーワンになろうという意味ではないのです。それぞれの社員が担当している分野でナンバーワンを目指そうという意味です。

中山讓治の名言|それぞれの社員が担当分野でナンバーワンを目指すことの大切さ


動物、自然、環境問題など、仕事とは直接関係ないと思える記事も役に立ちます。自分とは異なる見方を含め、あらゆる考え方をニュートラルに把握することが、自分のしっかりした意見を構築するうえで重要だからです。これは社長業にも通じる話です。

野田亨の名言|あらゆる考え方に触れることの大切さ


企画やラフと異なり、詰めにはかけられるだけの時間をたっぷりかけたい。そうすれば、精度を高めることができます。くまモンの場合、詰めの段階で表情が微妙に異なる3000体をつくり、ひとつ選びました。

水野学の名言|詰めには時間をかけることが大切


成果を出すことをめざしてカイゼン活動に取り組むのですが、グループカイゼン活動では、ときには目標としていた成果を出せなかったチームが最優秀賞を取ることもあります。結果は出せなかったけれどプロセスが素晴らしかったという場合です。要領のいい社員は事前に結果を予測し、それに対して肉づけを行なっていくので、予想どおりの結果が出ますが、そればっかりじゃ困りますよね。思ってもみないような結果が出て、なおかつ素晴らしい成果が上がる。こういうケースがベストなカイゼンです。

澁谷誠の名言|プロセスが素晴らしければ評価する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ