萩本欽一の名言|相手のことを考えると自分にもいいことが返ってくるよ

人になにかしてあげるときは、もうひとつひねって相手のことを考えると自分にもいいことが返ってくるよ。

萩本欽一 の経歴

萩本欽一、はぎもと・きんいち。日本のコメディアン。東京出身。高校卒業後、浅草の東洋劇場へ入団。芸を磨いたのち、浅草フランス座に出向し、のちにコント55号の相方となる坂上二郎と出会う。コント55号を結成し人気を博し、80年代には高視聴率番組を多数生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

古いやつが聴きたかったらレコードを聴いてくれ。

マイルス・デイビスの名言|古いやつが聴きたかったらレコードを聴いてくれ。


知っていることを相手に伝えるだけでは、他人の生き方やモノの見方・考え方を変えることは絶対に無理で、こちらが一瞬一瞬に手を抜かず、全力で向かい合って情熱を注いでいる姿を示すことでしか、相手の気持ちを動かすことはできません。

朝倉千恵子の名言|相手の心を動かすには


我々はソリューション・マーケティングと言っているのですが、ひと言で言えば、生活者の不満を発見して、その不満を解決する商品を出すということ。生活者にはつねにたくさんの不満が鬱積しているわけです。それをひとつひとつ解決する商品を出していって、目に見えた効果があれば、需要は必ず伸びていくのです。

大山健太郎の名言|売れる商品をつくる出発点


できるだけ意識的に、本業以外の人と接する機会を設けることで、会社が目指す方向性も定まっていくケースが多いと実感しています。

家本賢太郎の名言|本業以外の人と接するメリット


本当に調子が良くて楽しい時っていうのは、だんだん下降線をたどり始めたサイン。そこから下り坂が始まる。だからこそ、居心地のいい空間から飛び出さなくちゃいけない。

沢村一樹の名言|調子が良くて楽しい時は、下降線をたどり始めたサイン


動機が重要であることは営業だけでなく他の仕事でも同じです。動機が深ければ、事務処理系の仕事も、受け身の「やらされ仕事」から、自ら考え行動する「やりがいのある仕事」へと変わっていきます。

横田雅俊の名言|「やらされ仕事」を「やりがいのある仕事」に変えるには


日頃から雑談をするような関係だと、仕事の話も気軽にできるもの。そして、人間は親しい人には自分の持つもの(情報)を教えてあげたいと思うものです。直接仕事に関係する重大な情報でなくても、たとえば、これから調べなくてはならない事柄を以前調べていた人がいて、その資料をもらうことができれば時間の短縮もできるはずです。

野口敏の名言|日頃から雑談するような関係を築いておくことが大切


僕も、自分のいままでのことは全部否定しています。同じベートーベンの曲でも、何カ月も前に演奏したもは否定しているのです。自分で自分のことにものすごく不満なのです。駄目だからまたやるのです。指揮者は通常、演奏する前にスコア(総譜)に書き込みをします。僕は一回演奏すると、そこでスコアを捨ててしまいます。毎回新しく買ってまっさらから勉強します。前のものを頼りにしたくないからです。

岩城宏之の名言・格言|自分の過去の仕事を常に否定し新しいものを作る


やはりオーナー系の会社は実行力がある。情報システム戦略もグローバル目線で見ています。

樋口泰行の名言|やはりオーナー系の会社は実行力がある


トップが現場に行くことは、「社訓」や「経営理念」が最もよく伝わるやり方だと思う。特にセールスドライバーのあいだでは、通達一本で「こうしなさい」というのではなく、「会長や社長が直接ここに来て、こんなことを話していった」というように、我々が現場に出向いてじかに教えたことが、もの凄い勢いで横に伝播する。その意味で当グループでは、現場でのOJTを通じて理念が浸透していくという流れができていると思う。

瀬戸薫の名言|通達よりも直接行って話すことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ