萩本欽一の名言|相手のことを考えると自分にもいいことが返ってくるよ

人になにかしてあげるときは、もうひとつひねって相手のことを考えると自分にもいいことが返ってくるよ。

萩本欽一 の経歴

萩本欽一、はぎもと・きんいち。日本のコメディアン。東京出身。高校卒業後、浅草の東洋劇場へ入団。芸を磨いたのち、浅草フランス座に出向し、のちにコント55号の相方となる坂上二郎と出会う。コント55号を結成し人気を博し、80年代には高視聴率番組を多数生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大切なのはまずは自分を捨てて相手の意見に耳を傾けること。結果、みんなが合意に達し、欧米でよくやる相手を打ち負かすための議論では望めない質の高い成果が得られます。うちでも、寄り合いそのものといえる三日三晩の合宿をよくやります。

前川正雄の名言|自分を捨てて相手の意見に耳を傾けることの大切さ


発想を生み出すためのノートに求められる要件は3つです。

  1. ムダ書きができること。発想にも助走は必要です。そこで、何も考えずに書きだせる構造になっていることが重要になります。
  2. いざアイデアを思いついたら、「自由に駆ける(書ける)」こと。せっかく頭のなかでアイデアが広がっても、どんどん書き進んでいけるノートでなければ、発想はすぐに消えてしまいます。
  3. 要素(単語や短いフレーズ)に切り分けて書くこと。要素に切り分けて書くと、亜流や別バージョンを生みやすくなります。

石井力重の名言|発想を生み出すためのノートに求められる3つの要件


小さいことをおろそかにするから、成果に結びつかない。

鍵山秀三郎の名言|小さいことをおろそかにするから、成果に結びつかない


今後、我々は一国単位ではなく「世界」という大きな経済共同体の中で戦っていかなければいけない。それには世界における拠点やブランド力が不可欠。したがって外国企業の買収とは、次世代や次々世代が活躍するために打っておかねばならない、大事な布石ということができるのだ。

藤森義明の名言|次世代、次々世代のために布石を打つ


運とツキを呼び込むためには、勝ちがあるうちに次の一手を打ち、勝ち続けていくことが重要です。
90年には当時セゾングループだった西友の食品売り場で、日本初のサインレス取引を始めました。02年にはポイントプログラムの有効期限を廃した永久不滅ポイントを開始。10年には米アメリカン・エキスプレスと3年間の交渉の末、券面にアメリカン・エキスプレスの象徴である「センチュリオン(古代ローマの百人隊長)」がデザインされた提携カードを世界で初めて発行しました。80年代以降、我が国のカード業界のイノベーションはほとんど私たちがやってきたという自負があります。

林野宏の名言・格言|勝っているうちに次の一手を打つことが運とツキを呼び込む


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ