萩本欽一の名言|無理矢理でも明るい未来を考える

現実を考えるとつらいだけのときは、無理矢理でも明るい未来を考えているのがいいの。いつかきっと不運から抜け出せるときはくるから。

萩本欽一 の経歴

萩本欽一、はぎもと・きんいち。日本のコメディアン。東京出身。高校卒業後、浅草の東洋劇場へ入団。芸を磨いたのち、浅草フランス座に出向し、のちにコント55号の相方となる坂上二郎と出会う。コント55号を結成し人気を博し、80年代には高視聴率番組を多数生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

業界の主要プレーヤーのやることを真似しても、自分たちに勝ち目はありません。我々は業界では最後発の会社であり、巨大資本があるわけでもないので、調達や仕入れにおいて劣勢であることは目に見えています。

安田道男の名言|業界の主要プレーヤーと同じことをやらないことが大切


成長する事業と成長出来ない事業は最初から決まっています。そこに気付くのも社長の素質で、その後は経営者の手腕です。たとえば、どんなに良い内容のビジネスでも、スポット型とストック型の事業を比べると、スポット型はなかなか成長しません。また、良い商売は限られていて、誰もがそこに群がりますが、誰よりも良いサービスをつくらなければなりません。見つける能力と、一番お客さんに喜んでもらう能力、この両方が経営者には必要です。

熊谷正寿の名言|成長する事業、成長出来ない事業


危機はチャンスであり、マイナスはプラスに変えればいい。

澤田秀雄の名言|危機はチャンスであり、マイナスはプラスに変えればいい。


独立を決意したのは、副業に全精力を注ぎたくなったから。多様な団体を支援しているので、社会に広く貢献でき、「社会を変える組織をつくる」というやりがいを日々感じています。

長浜洋二の名言|独立を決意したのは、副業に全精力を注ぎたくなったから


わが家のキッチンテーブルを囲んだ話し合いは活発で、ときには喧嘩腰になったけれど、私は一つ屋根の下でも意見が分かれていいのだということを学んだ。

ヒラリー・クリントンの名言|一つ屋根の下でも意見が分かれていい


悪い情報の報告がないのは、もともとのルールづくりが悪いからです。失敗したことはきちんと報告するというルールがあっても、そのために罰を受けるくらいなら、部下は隠そうとするでしょう。当社の場合、クレームは必ず発生するという前提で、仕事の方針に従って発生したクレームなら、責任は一切問わないことにしています。

小宮一慶の名言・格言|部下が失敗を報告しやすいルールを作る


ツキや運を引き寄せるには、常に「自分はツイてる」と思う、ただそれだけ。「私はツイてる」と考えることを習慣づければいいわけです。逆に「自分はツイてない」と思ったり、他人の幸運をうらやむことが常態化すると、ツキに見放されてしまいます。なぜならば、そもそも人間の脳の仕組み、感情の動きがそのようにできているからです。

西田文郎の名言|ツキや運を引き寄せるには、常に「自分はツイてる」と思う、ただそれだけ


つまらない仕事や後ろ向きの仕事をしなければならないときも、明るく情熱を持って対応していくことが商社マンには必要だ。

朝田照男の名言|どんな仕事も明るく情熱を持って


どんな目標も信じないと始まらない。

津賀一宏の名言|どんな目標も信じないと始まらない


桜の花と同じで、声優という木にも早咲き、遅咲きがあるもの。

柴田秀勝の名言|桜の花と同じで、早咲き、遅咲きがあるもの


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ