森山透の名言|信頼されるために大切な2つのこと

人に信頼されるには、「相手の立場に立って考える」「嘘をつかない」という2つが大事。嘘は一度つくと結局、嘘で塗り固めてしまいますからね。

森山透(経営者) の経歴

森山透、もりやま・とおる。日本の経営者。「三菱食品」社長。福井県出身。一橋大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。ローソン専務、三菱商事執行役員、常務、生活産業グループCEO(最高経営責任者)、アジア・大洋州統括などを経て三菱食品社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ピンチはチャンスと言い続けてきました。起きてしまったことは仕方がありません。その中で、今後どうするかが重要です。

大山健太郎の名言|今後どうするかが重要


日本の地方の中には人口減少による過疎化が進むところも少なくありません。自分だけがよければいいのではなく、みんなでまちづくりを考え、次の世代へと引き継ぐ責任が我々にはあります。

鈴木和也の名言|日本を次の世代へと引き継ぐ責任が我々にはある


スマイルズでは現在、約200人の従業員の半数近くが新卒で入社しており、当社以外で社会人として働いた経験がない社員の割合が高まっています。中にはほかの会社をのぞいてみたいという社員もいるでしょう。こうした社員が当社を辞めることなく、ほかの会社で働くチャンスを得られるようにする。そのための仕組みとして、提携先企業と一定期間、社員を入れ替える「交換留職制度」を実施しています。

遠山正道の名言|社員に別の会社を経験させる仕組みを


野菜飲料は手堅いようにみえるがブームに左右されやすい。古い企業にありがちな「待ちの姿勢」で、需要の急減に備えができていなかった。過去を振り返ると、必ずブームは終わる。

寺田直行の名言|過去を振り返ると、必ずブームは終わる


これから先、覚悟を改めて恥ずかしくないように心がけるならば、どの国であろうとも知行させたい考えである。しかし、ただいまのように無分別のたわけであったならば、秀吉の甥子としてその身をながらえさせておくことは、お前だけでなく、秀吉の面目をも汚すことになるから、直々に手討ちにしてくれようぞ。秀吉は、元来人を斬ることが嫌いの性分であるが、覚悟がなおも直らないお前を、他国に行かせたのでは、恥の上にも一門の恥さらしとなるから、人手にかけず、秀吉のこの手で殺してやろうぞ。
【覚書き|甥の秀次への訓戒】

豊臣秀吉の名言|叱るときは厳しく


GMOの社訓とも言えるスプリットベンチャー宣言にはナンバーワンになると書いてありますが、それは売上げや利益のことではありません。我々が目指しているのは1番のサービス、1番のプロダクトを提供することであり、お客様に1番喜んでもらって1番褒めて頂けるというのを目指しています。すると自ずとマーケットシェアも売上げも利益も1番になるはずです。

熊谷正寿の名言|ナンバーワンとはお客様に1番喜んでいただくこと


東日本大震災では、震災後早い段階で現地を回りました。当社の被害も甚大で店舗だけでなく、自らの生活も維持できない従業員もいました。そこで全社を挙げて早期の営業再開を図りました。阪神淡路大震災で「今のつらいことを一瞬でも忘れられる」「店の明かりに勇気づけられた」という反応をいただいていたからです。「営業を自粛しろ」とバッシングの声も大きかったのですが、営業再開すると「寂しかったから、人が集まる場所があって安心する」など、好意的なお言葉を多数いただきました。

佐藤公平の名言|全社を挙げて早期の営業再開を図った


日本発で海外市場を見ていると、どうしても日本市場の価値観を、海外市場にそのまま適用してしまいがちです。これを、グローバルな視点で、最適な経営手法、人員配置などを考える企業に変えていきたいと考えています。

町田精孝の名言|グローバルな視点から発想を


すかいらーく勤務時代、たまたま、尊敬する方に「外部の方と会うことが、この先すごく重要になる。渡邉(美樹)さんなら、将来、日本の外食を引っ張る人物だと思うから、会っておいて損はないよ」と勧められたので、お会いしたのです。その言葉を素直に受け止めなければ、今の自分はなかった。非常に感謝しています。

桑原豊の名言|人の勧めを素直に受けることがチャンスにつながる


健全な対人関係とは、互いに対等の人間として接していくことを指します。そのためにはまず、あなた自身が自分を認め、そのうえで相手と対等に、あるいは相手の立場に理解を示しながら、接していくことが大切。

ゆうきゆうの名言|健全な人間関係を築く前に必要なこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ