落合寛司の名言|メリットにスポットを当てる

ものごとには何でもメリット・デメリットがあります。会社を経営するうえでデメリットだけにスポットを当てたら、会社はどんどん悪くなります。逆にメリットに当てれば良くなっていく。

落合寛司 の経歴

落合寛司、おちあい・かんじ。日本の銀行家。「西武信用金庫」理事長。神奈川県出身。亜細亜大学卒業後、西武信用金庫に入庫。常勤理事、専務理事などを経て理事長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまでの会社生活を振り返ると、いつでも無我夢中でやってきただけで、その経験がプラスになったとあとでわかることがほとんどでした。

磯崎功典の名言|経験はあとでプラスになる


人を使う場合、大事なことは中庸ということを心がけさせることだ。不偏不党ということで一方に偏らないで中道を歩かせることだ。若い者はとかく血気にはやり、ひとつのことに熱中する。若いときはそれぐらいの元気があってよいが、上に立つ者はその道に外れた者を絶えず真中に戻してやらなければならない。片方に偏ってしまうと大局を見ることができなくなる。

織田大蔵の名言|人を使う場合に大切なこと


リコール問題が起きたときに、「なぜこんなことが起きたのか」という質問を多くの方から受けました。そのときの私の答えの一つは、「会社の成長のスピードが人材育成のスピードを上回ってしまった」というものでした。市場が大きく伸びたとき、企業としてシェアを維持しないと、「トヨタは成長が止まったのではないか」と言われてしまう。その恐れから、人材の成長を上回る計画を立ててしまったと思っています。

豊田章男の名言|会社の成長のスピードが人材育成のスピードを上回ることの危うさ


仕事を部下に依頼する時、部下の抱えている仕事量を把握し、納期の設定は必ず部下の口から言わせましょう。また、「仕上がりのイメージが違う」などという事態を避けるために、納期の3~4日前に、方向性を確認する日をあらかじめ決めておきます。手間はかかりますが、提出日を守らなかったり、レベルの低い仕上がりでイライラし、仕事が停滞するよりは、ずっと効率的です。

嶋津良智の名言|部下の仕事にイライラしないためにすべきこと


部下に対しても、「(将来)どうなりたいか」ではなく「(いま)どうありたいか」という目標を持たせ、それが行動に表れているようなときは、きちんと評価する姿勢を見せるようにしてください。そうすれば、彼らは大きな自信を得て、「ありたい自分」をますます追求できるようになります。これも人材育成のひとつのコツだと言えるでしょう。

山本直美の名言|人材育成のひとつのコツ


何かキラーなコンテンツを世の中に出す、流れを変える、というのが、僕がドワンゴで果たしてきた役割ですし、それが一番得意。なので、僕は新会社でも社長をやる気は全くありません。
【覚え書き|KADOKAWA・DWANGO会長になったことについて聞かれての発言】

川上量生の名言|一番得意なことをやる


私は偉大なアーティストでも、偉大なアニメータでもない。私の周りには、いつも私より優れた技術を持った人たちが私の代わりに働いている。私の仕事は新しいことを考え出すアイデアマンだ。

ウォルト・ディズニーの名言・格言|自分の仕事は新しいアイデアを出すこと


1986年半ばからは、各ゲームメーカーが「名人」を作ってきました。しかし、彼らと私の決定的な違いは、ゲームの攻略だけをするのか、それともゲームの攻略はもちろんだけども、それ以外の子どもが体験するべく遊びや運動なども勧めていたかの違いだと思います。対象相手が子どもだけであれば、ゲームの攻略法を直伝するだけで正しいと思います。しかし、それだけでは、家計の番人とも言える母親の賛同を得ることはできませんからね。

高橋名人の名言|家計の番人とも言える母親の賛同を得ることを考える


上からの号令だけではなく、現場で生じる悩みを汲むことも必要。直接意見を聞けたことで、社員への優しさをさらに育むこともできました。

辻範明の名言|現場から直接意見を聞く


実はセブンのコーヒーの歴史は、失敗の連続なのです。現在のコーヒーマシンは、4世代目のものです。当初はペーパードリップでコーヒーを淹れていましたが、淹れたてはおいしくても、時間が経過するとどうしても味が落ちてしまう。現場での鮮度管理が非常に難しかったんです。その後も「1杯取り」のカセットタイプ式、圧力抽出のエスプレッソの提供など試行錯誤を繰り返しましたが、なかなか結果が出なかった。しかし、諦めませんでした。節目節目で見直しを続けてきたある日、「またコーヒーに挑戦したい」と言ってきた社員がいたんです。

井阪隆一の名言|諦めずに試行錯誤を繰り返す


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ