落合寛司の名言|夢があるから、苦にならない

野球少年はお金がもらえるわけでもないのに、毎日真っ黒になって練習する。それは自分の好きなことだから、夢があるから、苦にならない。仕事でも、将来の夢があれば自ら努力します。

落合寛司 の経歴

落合寛司、おちあい・かんじ。日本の銀行家。「西武信用金庫」理事長。神奈川県出身。亜細亜大学卒業後、西武信用金庫に入庫。常勤理事、専務理事などを経て理事長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本業から遠いものをやっても、当たる確率は低いから、事業を水平に展開していかなあかんねん。

大崎洋の名言|事業を水平に展開していかなあかん


挑戦して失敗しても責めません。引きずらせず、どんどん挑戦させるので、成長のスピードは速い。

牧野正幸の名言|失敗を引きずらせず、どんどん挑戦させる


学生の中には、書を習ってビジネスにしようと考えた人もいたでしょう。しかし、大半の学生は書で自分を表現することの楽しさ、奥深さに感動し、自分を鍛錬することに喜びを感じていたと信じています。米国がすべて商業主義というのは間違いです。
【覚書き|ハーバード大学客員教授として書道を教えたときを振り返っての発言】

矢萩春恵の名言・格言|米国がすべて商業主義というのは間違い


名刺交換や自己紹介では相手の反応が鈍く、「第一印象がイマイチだったかな」ということもあると思います。ですが、心配ありません。商談や面談の途中でのリカバリーは十分に可能です。

臼井由妃の名言|第一印象がいまいちでも挽回できる


管理職になって部門を率いる立場になったら、目標達成がその人の評価のすべてですから、努力賞はもらえません。経営の一端をになっているという責任の重さはもちろんのこと、その人の判断ひとつで会社が傾くことだってあり得るからです。

田中邦彦の名言|管理職なったら、自分の判断ひとつで会社が傾くことがあるということを忘れない


一流になれる人と二流で終わる人の最大の違いは、「周りと群れるか、群れないか」の差じゃないでしょうか。一流の条件は、「他の人と違う何か突出したものを持っている」ことです。だから、周りの人間を物差しにし自分を測ったり、周りの人と同じということで安心感を持っているような人は、一流にはなれません。

辻口博啓の名言|一流になれる人、なれない人の違い


技術力、営業力、価格競争力、どれを取っても大手には敵わない。では、当社が大手に対抗するためには、何ができるのか。そのことを追求していった結果、お客様の細かなご要望にまでお応えできる対応力というセールスポイントに行き着いた。

八巻大介の名言|大手に対抗できることを追求する


英語を聴くトレーニングは、たいていの人が学校英語で欠落している部分です。自分も圧倒的に弱かったので、最初に強化しました。

水谷弘隆の名言|自分の弱いところを最初に強化する


与えられた道がベストだと思うことが大切。私は自分が置かれたポジションを、そのときの「ベスト」だと思って生きてきました。

井上武の名言|与えられた道がベストだと思うことが大切


アイデアだけのときは積み木と一緒で、まず理想の形を部屋で組み立てても、いったんそれを外に出したら風が吹いたり、人が来てぶつかったり、ボールが飛んで来て崩壊してしまいます。つまり、アイデアを支えながらつぎはぎし、なんとか家を造って、それをさらに大きくしていくのが正しいやり方で、それによって出来上がったのがバイマだなと思います。

須田将啓の名言|アイデアを実際に試して改善していく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ