松田丈志の名言|「この瞬間、自分にとってベストの行動はなにか?」と問いかける

迷ったときは必ず「この瞬間、自分にとってベストの行動はなにか?」と問いかけるようにしています。それが次の一歩を踏み出す原動力になります。今ここでやるべきことがある、と。

松田丈志 の経歴

松田丈志、まつだ・たけし。日本の競泳選手。宮崎県出身。中京大学卒業。4歳から水泳を開始。リオデジャネイロ五輪男子800mフリーリレー、ロンドン五輪男子200mバタフライ、北京五輪男子200mバタフライでそれぞれ銅メダルを、ロンドン五輪男子400mメドレーリレーで銀メダルを獲得。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「副業」を解禁することもモチベーションアップにつながります。社員の副業を認める企業は少しずつ増えていますが、注目すべきは、副業をやっている社員の多くが、「本業に役立った」と実感していることです。副業は本業とは関係ないことをしている人がほとんどですが、本業とは別の視点で物事を考えることが、結果的に本業でのマンネリや行き詰まりを打破するきっかけになり得るのです。ただし、本業に影響をきたさないように、「活動は就業時間外とすること」など、それぞれの会社に合わせた枠組みを決めることは必要だと思います。

山本寛の名言|副業をやっている社員の多くが、「本業に役立った」と実感している


成功するには事前の計画が大切である。そしてその計画にこだわりすぎず柔軟に構えるのも同じくらい大切である。

ドナルド・トランプの名言|成功するには事前の計画が大切である


1926年、レーヨン製造会社としてスタートし、ナイロンの研究を始めて、戦前にナイロン繊維を自社生産しました。生物化学の名でバイオ研究を始めたのも当社が日本初です。絶えず技術のフロンティアに挑戦する。これが当社のDNAです。

榊原定征の名言|絶えず技術のフロンティアに挑戦する社風


私は京セラを立ち上げた際、経営についてはまったくの門外漢でした。それでも、日々様々な経営判断を下さなくてはならない。そこで私は、「人間として何が正しいのか」を判断基準にしました。だからこそ、迷わずに判断をすることができた。

稲盛和夫の名言|「人間として何が正しいのか」を判断基準にしたからこそ、迷わずに判断をすることができた


人材会社で営業をしていたとき、名刺交換した相手全員に自作のメルマガを送っていました。内容は業界紙のニュースの要約。役立つ情報を定期的に送ることで関係を築いていきました。さらにメールの最後に添える形で「今回、貴社にふさわしいスキルを持った人が登録しました。ご興味があったらご返信ください」と、紹介したい求職者の簡易プロフィールを加えておくんです。業種別に数種類のメールをつくるだけなので、そう手間ではありません。でも受け取った側は特別感がありますよね。このメールで引き合いが増え、成績トップを成し遂げることができました。

笹田裕嗣の名言|メールで情報を定期的に送る


意味はわからないけれど昔から決められているルールはないでしょうか。先輩社員の仕事には手を出さない、管理職の意見には反論しないなどと言う暗黙の了解はないでしょうか。社内の人間では気づきにくい聖域が成長の足を引っ張っていることもよくあります。

松本洋の名言|聖域が成長の足を引っ張る


日本には変えてはならないものと、変えなければならないものがある。変えてはならないものがあるからこそ、我々は変わらなければならない。

福留大士の名言|変えてはならないものがあるからこそ、変わらなければならない


モチベーションの源は、やっぱりアントレプレナー精神でしょうね。道を切り開く。歴史に自分が載る。そして日本を背負う。アパレル業界を変える。そういうことが楽しい。お金や名誉より、それが突き動かす原動力になっています。

石川康晴の名言|アントレプレナー精神がモチベーションの源


イエスかノーで判断されるのがプロの世界。叩かれるうちが花だし、選手はそれを乗り越えて大きくなるものだ。批判に耐える強い精神を持っていなければ、上のレベルにはたどり着けない。

三浦知良の名言|叩かれるうちが花だし、選手はそれを乗り越えて大きくなるものだ


入社して、良い時も悪い時も見てきましたから、足元をしっかり見たい。

辻範明の名言|入社して、良い時も悪い時も見てきましたから、足元をしっかり見たい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ