松田丈志の名言|諦めずに続けたことでチャンスが巡ってきた

僕より速い選手はたくさんいた。でも、諦めずに続けたことでチャンスが巡ってきた。

松田丈志 の経歴

松田丈志、まつだ・たけし。日本の競泳選手。宮崎県出身。中京大学卒業。4歳から水泳を開始。リオデジャネイロ五輪男子800mフリーリレー、ロンドン五輪男子200mバタフライ、北京五輪男子200mバタフライでそれぞれ銅メダルを、ロンドン五輪男子400mメドレーリレーで銀メダルを獲得。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

利益を出し続けるためには、競合他社よりも強くなければいけません。競合他社よりも強くあるためには、強い企業体質が必要です。開発、生産、販売、サービス、すべてが強くなければいけない。

稲葉善治の名言|開発、生産、販売、サービス、すべてが強くなければいけない


人間は人と自分を比較して優越感を覚えたり、劣等感を抱いたりするもの。でも、自分独自の花を咲かせたらいいんだと気づいた時、喜々として努力するようになる。

山下泰裕の名言|自分独自の花を咲かせたらいいんだと気づいた時、喜々として努力するようになる


文章を書き続けることが、論理的に話せる訓練になると思います。連載を10年以上、自分で書き続けているのは、話す力を低下させないためでもあります。そこから一段深い内容を話すには、自分で考えた言葉が自然に出てくるような努力が必要になります。

中西哲生の名言|文章を書き続けることが、論理的に話せる訓練になる


(ビーム社との)インテグレーション(統合)は、急がば回れで、基本的なことから始めました。それが何かというとサントリーの創業精神の共有です。「サントリー大学」を開校し、全世界のグループ社員に今一度創業精神を学んでもらっています。

新浪剛史の名言|統合は創業精神の共有から


人脈を広げる意義は、異質なものとの触れ合いにあります。他業界、異文化、そして「違う世代」も、多くのものをもたらしてくれます。

山本真司の名言|他業界、異文化、そして「違う世代」も、多くのものをもたらしてくれる


30歳のとき、会社の廊下を歩いていたら、突然、目の前が真っ暗に。冷や汗がどっと出て、歩けない状態に……。診断結果はメニエール病。何時間も続く猛烈なめまいが突然起こる病です。原因はストレス。幸い、めまいは1週間で収まりましたが、5年間、後遺症に悩まされました。この経験は僕にとって良い転機になりました。当時私は自分の力を過信していた。しかし、この病気によって、「自分は弱い。いかに健康がありがたいか」、また家族や同僚のサポートを得ることで、「いかに自分が周囲の人々に恵まれているか」に気づかされました。同時に、出世ゲームに没頭していた自分の姿に疑問を持ち始めた。これが教育分野に突き進むひとつのきっかけとなった。

藤原和博の名言|病気が良い転機になった


人はなろうとした人物しかなれない。だからといって必ずしも良い条件に恵まれるわけではない。だが、なろうという意志がなければその人物には決してなれないのだ。

ド・ゴールの名言|人はなろうとした人物しかなれない


求めるのは、やはり誠実である人材です。そして何か1つでもいいから、キラリとしたものがある人ですね。技術に限らず、人柄や笑顔でもいい。何かの光る長所を持っていれば、それを活かせる仕事が必ずあります。

松本淳志の名言|何かの光る長所を持っていれば、それを活かせる仕事が必ずある


世の中には「正しさ」と「優しさ」のようにどちらも善良でポジティブなものが矛盾してしまうときがあります。そこで自分がどちらを選んだとしても苦しいし、悩んだところで現実を生きていくうえでは実益はほとんどないかもしれません。ただ、そこで頑張って考え続けるという姿勢そのものを肯定したいし、そういう人は不器用かもしれないけど、私にはすごく愛おしく感じられるんです。

河野裕の名言|頑張って考え続けるという姿勢そのものを肯定したい


飲食業では開店当初は新鮮さもあり順調に推移したとしても、その後が上手くいかないケースをよく見かけます。新メニューを開発したり、月に一度のイベントを開催するなど、新規顧客の開拓にも力を注げば、必ずうまくいくはずです。

山本良平の名言|新規開拓は継続的に行う必要がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ