萩本欽一の名言|人間関係に悩んでいる人、いじめられている人にも、大きな運が来る

人間関係に悩んでいる人、いじめられている人にも、大きな運が来る。それに、人を見る目が育つというおまけもついてきちゃう。臆病でいつも夢想ばかりしている人に、運の神様はやさしいんです。

萩本欽一 の経歴

萩本欽一、はぎもと・きんいち。日本のコメディアン。東京出身。高校卒業後、浅草の東洋劇場へ入団。芸を磨いたのち、浅草フランス座に出向し、のちにコント55号の相方となる坂上二郎と出会う。コント55号を結成し人気を博し、80年代には高視聴率番組を多数生み出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社を立ち上げるなら不景気の方がいい。だって、後は伸びていくだけですから。

城谷直彦の名言|会社を立ち上げるなら不景気の方がいい


買い取りと販売を両方やっている最大の理由は、消費者メリットと我々のような自動車業者のメリットを追求するためです。例えば、コンビニエンスストアやスーパーのようなチェーン店では、大量発注によって仕入れコストを下げています。仕入れ原価が下がれば店舗の利益も増えますし、消費者にも商品を安く提供することができます。ところが古物流通の中古車は一物一価が原則で、大量に仕入れたところで安くなりません。むしろ需要が増えれば増えるほど仕入れ原価は高くなるので、大量仕入れでメリットを追求することができないのです。では、どうするべきか。行き着いた答えが、中間マージンを否定することでした。つまり、ユーザーに販売する車はオークションで仕入れるのではなく、ユーザーから直接仕入れるようにしたのです。余計な中間マージンがないので、商品を安く販売することができるようになりました。

井上貴之の名言|中間マージンを否定する


博士課程の頃は生活も苦しかったですね。と言うのも、私はいつか研究者として独立するのだから、と親に仕送りは要らないと言っていたんです。それでもう極貧になっちゃった。割のいい家庭教師のアルバイトが見つかるまでは、風呂は週に一回、素麺一束で7日間は生活する、月末の3日間は仕方がないから醤油を薄めて飲もう、なんて毎日でしたので。銭湯は「高い」から、普段は洗濯機の中に入っていました。そのうち、家賃も払えなくなり、経済的にゆとりのある友人の家の倉庫を使わせてもらうようになりました。ガスなし、水道なし、家賃ダダで3年ぐらい耐え、倉庫の隣のホカ弁屋さんで、賞味期限の切れた商品をもらっていたな。

西成活裕の名言|生活が苦しくても没頭することの大切さ


たとえ二次情報をもとにしていても、見方を変えることでおもしろくなるんです。

堀江貴文の名言|たとえ二次情報をもとにしていても、見方を変えることでおもしろくなるんです


名刺を交換した人には、基本的にハガキを出すようにしています。ビジネスマンの方々はよくお分かりでしょうが、名刺を交換しただけで人脈はつくれません。名刺をいただいたら、できるだけ早くハガキを送り、心が通った交流関係をつくっていくのです。

坂田道信の名言|名刺を交換しただけで人脈はつくれない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ