富野由悠季の名言・格言|薄毛に悩んでいるなら剃れ

僕は20代後半から頭が薄くなり始めて、30代、40代とだんだん真ん中が薄くなっていきました。50代に入って、中年、もしくは壮年といういい歳をしたおじさんたちが、少なくなってしまった毛髪をなんとか維持しようとか、薄くなった頭を何とか多く見えるようにカバーしようと、髪型や毛髪のことを気にしているというのを僕自身みっともないと思うようになりました。だったらその原因をとってしまえということで僕は一気にスキンヘッドにしちゃったんです。

富野由悠季 の経歴

富野由悠季、とみの・よしゆき。日本のアニメーション監督、小説家、演出家。日本大学芸術学部映画学科卒業後、虫プロに入社し、鉄腕アトム制作にスタッフとして参加。その後、CMディレクターを経てフリーの演出家になる。海のトリトンで初のチーフディレクターを経験し、機動戦士ガンダムの原作・総監督を務め一躍人気監督となる。主な監督作品に『∀ガンダム』『聖戦士ダンバイン』『伝説巨神イデオン』『OVERMANキングゲイナー』『ガンダム Gのレコンギスタ』。主な小説に『リーンの翼』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いつもこれじゃいかんという問題意識を持ち、内部体制の強化とサービスの拡充を考えろ。

鈴木雍の名言格言|現状を打破するには


真の競争は同業他社との競争ではなく、マーケットの変化にどう応じていくかにある。

小西秋雄の名言格言|同業他社と競争しない経営


人生には二度や三度はチャンスが来る。意味なく生きているはずはない。人間が人間のために作った社会なのだから。いたずらに焦っても運は向こうから来るもので、ただ眼をふさいでいては見そこなうことがあるということだ。

森繁久彌の名言格言|チャンスを成功に変える


常に努力勉強し、自分の実力を涵養すべし。虚位と虚名を頼まず。自分が企業や団体のあるポストにいるとして、それが自分一人の実力だと思い込んでしまったらとんでもない間違いです。

色部義明の名言格言|自分一人でやれてこれたと思うな


私はグローバル化とアイデンティティの尊重とは、足並みをそろえて進むべきだと思っています。自らのアイデンティティを保ちたいという願望は、肯定的な意味でも、また否定的な意味でも、あらゆるところに顔を出します。これは当然でしょう。グローバル化とアイデンティティの尊重とは両立しうる、また両立させなければならない概念なのです。

カルロス・ゴーンの名言・格言|グローバル化とアイデンティティの尊重は両立する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ