アルベルト・シュバイツァーの名言・格言|先を見なければ人間は自然破壊に行き着く

未来を見る目を失い、現実に先んずる術を忘れた人間の行きつく先は自然の破壊だ。

アルベルト・シュバイツァー の経歴

アルベルト・シュバイツァー、アルバート・シュバイツァー。19世紀、ドイツ出身のフランスの医者、神学者、伝道師、哲学者、オルガン奏者、音楽学者。アフリカのガボンにあるランバレネにおいて生涯をささげた医者。90歳で死去するまで同地で医療活動を行ったため密林の聖者と呼ばれ尊敬された人物。ノーベル平和賞受賞者

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間、「運鈍根」と言われるが、三つのうちどれが大切かと言われたら、それはやっぱり「根」だろう。運が開かれることも必要だが、それを深め、広げるのは「鈍」であり「根」。真打ちは「根」だ。

革命とは何か。それは自分の旗に記したある主義の名のもとに、権力の把握に成功した暴徒のことである。

ビジネスマンが余暇を話題にするのは、それだけ仕事に追われて生活に余裕がない証拠。寅さんこと車寅次郎は余暇を探しまわったりしない。彼の人生は全部余暇だから。

人生には二度や三度はチャンスが来る。意味なく生きているはずはない。人間が人間のために作った社会なのだから。いたずらに焦っても運は向こうから来るもので、ただ眼をふさいでいては見そこなうことがあるということだ。

成文法はクモの巣のごときものだ。貧者と弱者をもつれさせ捕えるが、富者と強者は簡単に食い破る。

政治には火に対するごとくすべきなり。火傷せぬためには近寄るべからず。凍傷せぬためには遠ざかるべきなり。

メーカーにはこれからもますます遊び感覚が求められるでしょう。いまのヒット商品のイメージを言葉で表せば軽・遊・華。商品そのものの軽薄短小化とメーカー側の演出の巧みさがヒットを左右しています。

女たるものは、つねに男たちの運の行く手に立ちふさがり、かつ不幸なほうへと導く。

金剛石(ダイヤモンド)も磨かずばの例えどおり、社内に人材がいても経営者が積極的に仕事を任せ育てることを知らなければ期待にこたえてはくれない。

日本は独創的な研究と言って信号では青を出しているが、交通巡査がストップをかけている。

ページの先頭へ