アイルトン・セナの名言・格言|競争ではエゴを試される

このエントリーをはてなブックマークに追加

競争するということは、常に自我を試されているということなんだ。


アイルトン・セナ の経歴

アイルトン・セナ。ブラジル人レーシングドライバー。「史上最速のF1ドライバー」「音速の貴公子」として称えられた伝説的レーサー。4歳からレーシングカートに夢中になり、13歳で南アメリカのカート選手権を制覇。21歳で欧州に渡り、フォーミュラ・フォード1600と2000で優勝。その後、F3を経てF1に参戦。F1で通算3回ワールドチャンピオンを獲得するなど大活躍した。イタリアのイモラサーキットでレース中に事故死。享年34歳

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はできる限りのことをしている。しかし、ときには自分の思うようにはならない。ものごととはそういうものなんだ。

同じようなミスを何度も繰り返したら、財産になってないじゃないかと思われちゃいます。

私はいつも自分に4つのことを言い聞かせています。「耐えること」「やり遂げようとする気迫を失わないこと」「失敗は忘れ、常に次の手を考えること」そして、「素早い気分転換」。

野球場は私にとって神聖な職場であり、バットも神聖である。
【覚書き:バットにサインしない理由を聞かれての発言】

私は色紙にいつの日か闘魂という文字を書くようになりました。それを称してある人が燃える闘魂と名付けてくれました。闘魂とは己に打ち克つ、そして戦いを通じて己の魂を磨いていくことだと思います。

友情。それは学校で学ぶものではない。しかし、もし友情の意味をまだ君が学んでいないとしたら、君は本当に何も学んでいないということだ。

どのポイントもすべて大事。全力を尽くそう、全力を尽くそうと自分に言い聞かせながらプレーした。
【覚書き:グラフ選手が20歳のときの全米オープン決勝にてナブラチロワ選手と戦った時を回想しての言葉。】

ページの先頭へ