森内俊之の名言|いつまでも挑戦し続けることの楽しさを感じていたい

将棋には無限の可能性があって、終わりがありません。いつまでも挑戦し続けることの楽しさを感じていたい。それが今の正直な気持ちです。

森内俊之 の経歴

森内俊之、もりうち・としゆき。日本の将棋棋士。神奈川県出身。小学3年で将棋を開始。小学6年で奨励会に入る。16歳でプロ入り。永世名人のタイトルを獲得。また、日本将棋連盟棋士会副会長、日本将棋連盟専務理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

家の中の空間がどれくらい気持ちよいかというのは、グラウンドに反映されるんです。

イチローの名言|家の中の空間がどれくらい気持ちよいかというのは、グラウンドに反映されるんです。


ハード面での投資は手を休めることなく継続的に行います。数百億円単位の大規模な投資から十億円程度のものまで大小織り交ぜ、東京ディズニーランドでしか得られない体験価値の拡充を常に目指します。これは世の中に対し、話題を喚起するためにも大きな意味を持ちます。

上西京一郎の名言|ハード面での投資は継続的に


やりたいことがなくても、会社に所属するのは面白いことです。会社に入ると面白い人がいます。様々な大学から来た人、外国人もいるかもしれない。そうした出会いの中で「これは面白い」ということにも出会えればいいのではないでしょうか。

伊藤洋一の名言|やりたいことがなくても、会社に所属するのは面白いこと


昔、秋元康さんが「俺は壁を乗り越えたことはない。壁に突き当たったら横にずれていく」と言っていて、なるほどと思ったことがあります。ずれていけばどこかで壁がなくなるから、そこを突破していけばいいと。断られた相手を深追いするのは時間の無駄で、それより別の道を探したほうがいいでしょう。私にとっては、それがブログだったといえます。

岩崎夏海の名言|断られたら別の道を探せばいい


「そうするのが当たり前」という発想が障壁になっていないか疑った方がいい。

ジャレド・ダイアモンドの名言|常識を疑う


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ