森内俊之の名言|リスクをとらない勝負をしていると自分の力が伸びていかない

経験を積むとミスを避けるような指し方もできるようになる。しかし、ミスを避ける指し方では勝てない相手もいる。リスクをとらない勝負をしていると自分の力が伸びていかない。

森内俊之 の経歴

森内俊之、もりうち・としゆき。日本の将棋棋士。神奈川県出身。小学3年で将棋を開始。小学6年で奨励会に入る。16歳でプロ入り。永世名人のタイトルを獲得。また、日本将棋連盟棋士会副会長、日本将棋連盟専務理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

月に一回は必ず静かな時間を確保して、計画の進捗状況をチェックします。それに合わせて目標の数値を変更したり、目標や計画を修正することもあります。

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし、実際には種なのだ。

大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね。

ZOZOTOWNは通販事業のため、大きな物流センターが必要ですが、これは期間限定で借りているものです。借金をして自前で大きな倉庫をもって、何かあったときに周りに迷惑をかけてしまってはいけない。そう考えると、臆病というか慎重になります。でも、身軽でいるからこそいろんな挑戦ができるという面もあります。

急激な変化や新しいことに挑戦することに尻込みしてしまうのは、失敗に対する恐怖心があるからです。変化や挑戦を恐れる思考習慣を変えるためにも、口ぐせは大変効果的です。変化とは、楽しくてポジティブなものだという思考習慣をつけるのです。「新しい挑戦が可能性の扉を開く」「成功は自らつかむもの」「解決できないことは起きない」などと、頻繁に口にしてみましょう。

自分はわからないのに、これまでの自分の経験則や流儀を押し付けようとしても、うまく機能しません。

人の心をつかむのに重要なのは実は別れ際の印象なんです。たとえばパナソニック創業者・松下幸之助は誰に対しても別れ際に深く頭を下げました。あの松下幸之助が自分より頭を下げるわけだから、みな恐縮しますよね。そして、顧客や取引先、そして従業員など「周囲の人間を本気で大切にする人なんだな」という印象が強く頭に残る。結果、「やはりあの人は違う!」と、思わせるわけです。

その身に染まりては、いかなる悪事も見えぬものなり。

軍師の言うとおりにしているのでは、大将はいらない。軍師の言うとおりやるか、こういうふうにやれとか、それを決定する才能が経営者の条件。

当事者意識が欠如したままでは、本当の意味での仕事の楽しさなど感じることはできない。

ページの先頭へ