森内俊之の名言|リスクをとらない勝負をしていると自分の力が伸びていかない

経験を積むとミスを避けるような指し方もできるようになる。しかし、ミスを避ける指し方では勝てない相手もいる。リスクをとらない勝負をしていると自分の力が伸びていかない。

森内俊之 の経歴

森内俊之、もりうち・としゆき。日本の将棋棋士。神奈川県出身。小学3年で将棋を開始。小学6年で奨励会に入る。16歳でプロ入り。永世名人のタイトルを獲得。また、日本将棋連盟棋士会副会長、日本将棋連盟専務理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

論理思考(ロジカルシンキング)は正しく使わないと「こういう問題はこう考えるべき」「この枠組みが一番正しい」というように型にはまってしまい、思考停止に陥りかねない。また、論理思考がそれなりに正しく使えるようになっても、そこには限界や盲点があることも認識すべきだ。

森澤篤の名言・格言|論理思考は使い方を誤ると思考停止に陥る


私のクライアントに、業界でカリスマと呼ばれている有名な美容師がいます。彼をカリスマにしているのは、お客さんの評価。どんなに腕のいい美容師でも、お客さんから好かれなかったらカリスマにはなれない。この構造をビジネスマンも考えた方がいい。

江上治の名言|どんなに腕が良くても、お客さんから好かれなかったらカリスマにはなれない


当社の販売商品のうち、約2割はPB(プライベート・ブランド商品)です。ディープライスなど当社のBPは、地域で最も安い価格設定を行い、粗利10%を念頭においた生産・販売体制をとります。大量生産、買い切りを条件にメーカーと組み、製造から流通、販売までローコストオペレーションを行い、問屋マージンや販促費をカット、徹底的にムダ、ムラを排除しています。

大賀昭司の名言・格言|低価格かつ粗利10%を目指しメーカーと徹底的にムダ、ムラを排除する


スケジュールは社内で共有しているグループウエアで管理しているので、紙の手帳はタスク管理だけに使っています。仕事が決まったら「実際にやること」を細かく分解して、本当の締め切りの1週間前に書き込むのが基本ルールです。私の場合、使っている手帳の「1日分の枠」に収まる量が、1日に処理できるタスクの大体の上限。

岩崎裕美子の名言|1日のタスクの量を管理する


情報を収集するとき効率性を突き詰めていくと、どの人の仕事も似たり寄ったりになります。同じような情報収集のプロセスを踏み、同じような結論が導き出されることになるからです。逆に言えば、時間をかけるところにこそ個性が出るのです。

酒井邦嘉の名言|時間をかけるところにこそ個性が出る


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ