森内俊之の名言|リスクをとらない勝負をしていると自分の力が伸びていかない

経験を積むとミスを避けるような指し方もできるようになる。しかし、ミスを避ける指し方では勝てない相手もいる。リスクをとらない勝負をしていると自分の力が伸びていかない。

森内俊之 の経歴

森内俊之、もりうち・としゆき。日本の将棋棋士。神奈川県出身。小学3年で将棋を開始。小学6年で奨励会に入る。16歳でプロ入り。永世名人のタイトルを獲得。また、日本将棋連盟棋士会副会長、日本将棋連盟専務理事などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多様な個性を持つ社員たちをまとめるには、人や組織の内面を深く理解しなければならない。

「良い製品、良いサービスを持つこと」「その製品を一流の製造・販売ネットワークでお届けすること」「働く人々が希望や夢を持てる職場をつくること」。実直すぎて面白味がないと思われるかもしれませんが、やはりそこに尽きます。

選手の信頼を得るには何が必要か。それは結果を出させること。

私自身にしても、特に自分が人に関して下した判断が「最終判断として十分だ」と、いつになったら言えるのかはまったく分からない。だからこそ、常に進行している「ing」の中で、今の自分も自己観照を通じて人間を見る目を磨いていく過程にすぎないと思いつつ、さまざまな判断を下していかなければならないと、考えるようにしている。

会社にいても、会社の外に出ても、稼ぐ力があれば困らない。長く安定収入を確保し、充実した人生を送ることが出来る。

日本人の従業員を研修のために海外に派遣することはかなり以前から行なっていますが、逆に、海外子会社の技術職の従業員を研修のために日本に招くことも始めました。当社の製品である安定剤は原料の配合設計がコア技術で、日本には顧客の高い品質要求に応えるためのノウハウの蓄積が海外子会社よりもあります。それを学んでもらうことが目的です。

「負けず嫌いであること」は、仕事に必要なスキルではないかとさえ、思っています。見通しが厳しくても「自分の考えを貫いて、結果が出るまで続ける」ことで、功を奏したケースは少なくありません。

考えがまとまらないときには、「何のために今、考えているのか」という原点に立ち返ってみれば、きっと答えが見えてくると思います。

新興国のニーズを吸い上げ、いかに現地に溶け込んでいけるかが、当社の営業の腕の見せ所です。私は、現地の人々と同じ目線で考え、行動することが肝だと思っています。

会社は、母親の胎内のような包み込む力を持った、安心できる存在でなければなりません。一度退職した社員も再び戻ってこられるくらいの懐の深さが必要です。

社会人時代に経験した、都市対抗予選の緊張感は半端なものではありませんでした。2年目の東京都予選で敗れ、11年連続出場が途切れてしまい、冷たい視線を浴びながら、皿洗いをしたことが忘れられません。でも、そんなつらい経験がプロになっても生きたし、社会人野球を経験できて本当に良かったと思っています。

最近の日本は奇妙な雰囲気に覆われています。悲観論を口にしていると知的に思われる風潮です。何でも悪い面を並べていったら絶望的にもなります。私は大学在学中に終戦を迎え、堀場無線研究所を創業しました。物理学で身を立てようと思っていたのに、米国の方針で実験ができなくなったからです。そんな切羽詰まった体験からすると、日本人の多くが「最悪の事態」を経験していないから、ことさら悲観主義に走るのではないかと感じられます。

リーダーにとって不可欠なのは「勝ち方を知っていること」。どんな状況でも結果を出すから、人はついてくるし、動いてくれる。

ページの先頭へ