村上太一の名言|不便や問題を探すのを習慣にする

不便や問題の解決がビジネスになる。街を歩いている最中、基本的にはキョロキョロしています。日常的に不便や問題を探すのを習慣にしています。

村上太一 の経歴

村上太一、むらかみ・たいち。日本の経営者。東京出身。小学生のころに企業を決意、高校在学中に起業準備を開始し簿記二級、情報処理技術者試験などを取得。早稲田大学政治経済学部在学中、(株)リブセンスを設立。アルバイト情報ウェブサイト『ジョブセンス』を立ち上げる。同社を創業2年で黒字化させ、当時史上最年少の25歳1か月で東証マザーズに上場を果たした。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上手くいっている会社の経営者はそれこそ数字に強いというか、数字の間違いにいち早く気づきます。必ずしも統計や財務に明るいというわけではありません。しかし、担当者が出してくる書類の数字の誤りをパッと見て気づきます。

あなた自身のファイナンシャルIQを高めるために、あなた自身が真剣に学ぶ必要がある。一朝一夕にはいかない。だが、インフレのように、お金の世界に潜む目に見えない危険を理解することさえできれば、その危険度を著しく低下させることができる。

店の売上げに責任を持つというリスクを負いながらも、料理人がいろいろなメニューに挑戦できるのは、失敗するリスクが存在するのと同時に、成功すれば大きなリターンが得られることを認識しているからです。当社ではリスクとリターンをセツトで捉えたうえで、最後には結果を出すよう社員に求めています。ゆえに当社の料理人は、失敗から学びながら、成功するまで挑戦し続けることができるのです。

将来の経営幹部を養成するため、「大和ハウス塾」を開講しました。これから会社を背負ってくれる人材探しですから、手を抜けません。

教育の一環として、社員には「経営幹部を目指すのであれば、まずは歴史と哲学の本を読め」と言っています。賢い人や愚かな人、軍師から大将まで、歴史というのは人物の巣窟です。歴史の本を読めば、世の中には色々な人がいるということが、よく分かります。

限られた時間で最大のパフォーマンスを発揮するには、よく寝ることが大事。

どんなお客さんも、「買って損をした」とは思いたくないんです。だから、「あなたがお客の立場なら、どうなの?」と、営業マンに聞きたくなる。そのとき、「自分がお客様の立場なら、その商品を必ず買います。なぜなら……」と、自信をもって答える用意をしておくことが不可欠です。

人は誰でも自分の頑張りを評価してもらいたいと思っている。短所よりも長所を見ることを大事にすると、まわりの人との関係はかなりいい方向に変わる。

僕は最近は、器に絵を描く前の準備として、テーマをもとに物語を文章に書くということもしています。何回眺めても飽きない焼きものには、絵の中に展開していく物語があると思っているからです。しかも、長い物語が、です。ですから、僕もパソコンではなく手書きで、400字詰めの原稿用紙で何百枚ぶんぐらいになる物語を書いて、それから器の制作に入ることもあるんです。そういうプロセスを経ると、自分の中でも、もうどうしても作らなければならない焼きものになってくれますので。

リーダーのコミュニケーション力が本当に問われるのは、困難に直面したときです。調子良く物事が進んでいるときは元気だった部下も、困難に出会えば途端にやる気をなくし、逃げ出す者も出てきます。そこで、部下と丁寧なコミュニケーションを取り、統率を取ることが求められるのです。

花王が最も強い点は「本質的な部分」にこだわるところ。そこは残さなければならない。研究開発は、新商品をどんどん出すことにこだわっているのではなく、皮膚とか毛髪、物質では泡や界面活性剤などの基盤研究にこだわっている。

顧客満足を経営の基軸に据える企業は多くありますが、重要なのは「どれだけ実践できているのか」という点でしょう。

私だって一個人、一経営者として財が欲しかった。しかしただ財を取るだけなら誰でもできると思って、その正しい手段を考えていました。それからもう一つは、手当たりしだい売上にこだわる会社にはしたくなかった。いろいろな会社を見てきて、あんな会社にはしたくないという会社がいっぱいありました。

ページの先頭へ