林修の名言|起きうるトラブルを想定しておけば、心が折れる要因が生まれない

僕の場合、折れない強靭な心を持っているわけではなく、常に「折れない状況」を作っている。起きうるトラブルを想定しておけば、心が折れる要因が生まれない。「やはりそうなったか」と落ち着いて対処できます。

林修 の経歴

林修、はやし・おさむ。日本の予備校講師。愛知県出身。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行に入行。その後独立し事業や投資で失敗。学生時代に家庭教師として高収入を得ていたことを思い出し、予備校講師に転身。東進ハイスクール・東進衛星予備校で現代文を中心に担当。カリスマ講師になった。東進ハイスクールのテレビCMに出演。「いつやるか? 今でしょ!」が話題となり、同セリフで2013年新語・流行語大賞年間大賞を受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

強引な手法には社内外から反発がありましたが、失敗したら会社を辞める覚悟で臨んだことで、改革をやり遂げられたのだと思います。

やってみてわかったのですが、その瞬間その瞬間にひとつの仕事に集中できたときって、とっても気持ちがいいんですよ。全力疾走した充実感が、まるでスポーツをやったあとのようで。

自分の能力を高めることで、今の上司は評価してくれないとしても、未来の上司はきっと評価してくれるでしょう。

社員には「たとえば株主を背負ったときリーダーは私だが、お客様を背負った場合は君らがリーダーだ。だから、そういう場合では私を上手く使ってくれ」と話しています。社長や部長というのは、地位ではなく単なる役割なのです。

この人なら実現できそうだと思われる「実績」や「信用」も必要。実績がない人がいきなり事業をやると言っても、なかなか人は耳を貸しませんから、何らかの実績があった方がいい。それは過去の職歴における実績でもいいし、週末などを使ってビジネスを始めて、実績を作ってもいい。

政治の世界で正しいことが理解されない経験がありました。それを突破するためには、何が事実かということよりもどう思われているかが重要だと考えるようにして、あるときは真摯に、あるときは巧みに相手を説き伏せていくということが大事だと考えています。

論理力と記憶とは、クルマの両輪の関係でもあります。論理力が身につくことによって、記憶がしやすくなる。また、記憶によって知識が増えることで、論理力がいっそう高まってくるのです。

デビューしてからの5年間は、一言でいえば、堪え忍んでいました。それまでの8作品も自分なりに一生懸命書いてきたんですが、なかなか部数には結びつかず、文学賞にノミネートされることもなかった。ただ、8作で完全に基礎固めができました。

あなたの仕事は早いですか? ミスが少ないですか? こう聞かれても、恐らく、自分では判断しにくいと思います。気恥ずかしいかもしれませんが、思い切って上司に聞いてみましょう。仕事に積極的だと好意的に取って、上司は快く相談に乗ってくれるはずです。

映画を見てないんですね、実は。映画館に行かなくなっちゃいましたから。テレビでやってるのをたまたま観かけたり、「これは面白いよ」って友人がビデオで持ってきたやつをじゃあ観るかって観たりするぐらいで。どういう監督が好きだとか、ポーランド映画がいいとか、そういう視点で映画を観てこなかったんです。60年代や子供のときにはずいぶん観てましたけど、ある監督に執着して、その監督を追いかけるっていうことは一回もしていないです。

スケジュールの立て方で大事なのは、仕事を捨てることと、順番を合理的に入れ替えることの2点です。

世の中がどう動いているか、社員がどう動いているか、全て「見える化」を行うのが最も良い方法です。「見える化」することで、社員同士の競争心も湧き、自発的に奮起するようになる。

部下に声をかけるときは、なるべくパーソナルなトピックを織り込む。これが部下との意思疎通を深めるコツではないでしょうか。

ページの先頭へ