村山哲治の名言|人に頼って自分に足りない部分を補ってもらった方が、仕事ははるかに効率的

人間一人の力には限りがある。だからすべて自分で切り開こうとするよりも、人に頼って自分に足りない部分を補ってもらった方が、仕事ははるかに効率的。

村山哲治 の経歴

村山哲治、むらやま・てつじ。日本のコンサルタント、経営者。「東京ドアーズ」社長。駒沢大学法学部卒業後、代議士秘書、人材教育会社、教育コンサルタントなどを経て東京ドアーズ社長。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生涯を通じて求道的な生き方を実践し、それにもとづく経済活動を展開した創業者(鈴木清一)は、「利益は喜びの取引から生まれるもの」と考え、ダスキンの仕事にかかわるすべての人が幸せになってほしいと願って精力的に活動しました。この創業者の思いは、「祈りの経営」という経営理念として、私どもに受け継がれています。

山村輝治の名言|創業者の思いは、経営理念として、私どもに受け継がれている


指示はたいてい、100%は伝わりません。多くの場合、パートさんやアルバイトさんに伝わるころには、情報は2~3割になってしまいます。その最大の要因は、社員同士のコミュニケーションや信頼関係の希薄さにあります。指示の7~8割が途中で消えてしまうような状態では、どんな改善策を講じても勝てるチームにはなりません。しかもこれは会社の体質や社風のようなものですから、永遠に続いていきます。当然ながら指示を100%実施できる会社とは、利益や売上げで大きな差がついてしまいます。そうした風土を変えるのが挨拶です。挨拶を徹底するだけでも信頼関係は築けるもの。コミュニケーションが密になることで、川の水が川上から川下に流れるように、情報も滞りなく伝達されるようになるのです。

松井忠三の名言|指示が途中で消えてしまうような状態では、勝てるチームにはならない


一番肝心なことは、悪いことが起きたからといって、嘆き悲しむことはないということです。悪いことは長く続きませんから。そのかわり、良いこともまた長くは続かない。だから、良いことがあったときには、施しをするなどして、そこそこの負を先回りして自分で意識してつくるとよいでしょう。そうすれば予期しない、ものすごい負に襲われなくてすむようになります。

美輪明宏の名言|悪いことも良いことも長く続かないと知ることの大切さ


どこにも答えがない時代に、私たちは生きている。ならば、今までの常識を疑い、新たな答えを探し出さねばならない。

大前研一の名言|答えがない時代に必要なこと


勝負どころでは、フルスイングすることが大切。エア・フレームの勝負を振り返ってみても、保険を持っては駄目だと感じました。思いっきり振り切らないと、成功するものも成功できない気がします。上手く行かなかったら、次があるさではいけません。

田中仁の名言|勝負どころでは、フルスイングすることが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ