村山哲治の名言|人に頼って自分に足りない部分を補ってもらった方が、仕事ははるかに効率的

人間一人の力には限りがある。だからすべて自分で切り開こうとするよりも、人に頼って自分に足りない部分を補ってもらった方が、仕事ははるかに効率的。

村山哲治 の経歴

村山哲治、むらやま・てつじ。日本のコンサルタント、経営者。「東京ドアーズ」社長。駒沢大学法学部卒業後、代議士秘書、人材教育会社、教育コンサルタントなどを経て東京ドアーズ社長。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

米軍や大手メーカーが失敗した人工クモの糸で成功できたのはタイミングですかね。バイオと情報科学の融合が進んで、1990年代ならできなかったことが当時はできるようになっていました。一度頓挫したプロジェクトを企業が復活させるのは大変ですが、私たちはそうした組織的なしがらみもないし、やるならいまだろうと。

挨拶メールの目的は、企業同士のお付き合いですから、個人的な事項や時候の挨拶は簡略で構いません。メールの目的や、次回のアクションに触れることの方が重要です。

農業関係のGDPでは、「日本は世界5位の大国」です。先進国では米国に次ぐ2位。フランスは6位で、オーストラリアは15位です。これまで日本農業は内需依存で発展してきました。逆に言えば、外需を取り込めば成長の「伸びしろ」は大きいということです。

他人の良いところは認め、自分の悪いところを反省できる人には、上司も真剣にアドバイスをしたくなるものです。

デキる人間とデキない人間は、いったいどこが違うのか。その答えは時代によって変わってくる。そして、いまという時代の中で勝敗を分ける最も大きなポイントは「優先順位のつけ方」だと、私は思っている。つまり、「ものごとの優先順位を間違えない人間と、間違える人間の違い」である。

当社はNPOや教育現場に対してITの活用をうながしたり、高齢者や障害者がITを活用できるように支援する活動を行っています。それによって当社のユーザーが増えるのは確かですが、投資対効果の高い事業では決してありませんし、そもそも目指すところが違います。

法の世界でパワハラと認められる言動をひと言でいうと「相手の人格を侵害する言動」。

愛媛トヨタ自動車では、社長になってから「こうしなさい」とは言わずに、「このままだとこうなるよ。でも将来はこんな会社にしたいよれ」と、ずっとそんな話を幹部社員としていくうちに、社風がガラッと変わりました。

従業員に人気があり、採用時には応募者からも、そして株主や顧客からも人気がある企業は、必ず発展する。

本来ならいち早く情報を開示して、顧客の被害を最小限に食い止める努力をしなければならないのに、被害者の視点しか持てずに自らが犯した罪に気づくのが遅れてしまう。そういうときに危機管理に失敗するのである。

経営というのは本来そんなに難しいことではないのです。難しく考えたらとことん難しくなる。簡単にやったらよろしいねん。

社内と社外の両方の視点を持つ人は、世界が向かう方向と自分の描くビジョンが正しいかどうかを見極めることができます。それゆえ、本当に変化が必要かどうかもわかっています。

私は会社を見る時はトップの思想や行動も見ています。不正をしないことは当然として、社外の目から見てこれはどう見えるか、という視点から見ることも、社外役員の役目だと思います。

ページの先頭へ