森内俊之の名言|人生は登っていく時期もあれば、必ず下っていく時期もある

人生は登っていく時期もあれば、必ず下っていく時期もある。

森内俊之 の経歴

森内俊之、もりうち・としゆき。日本の将棋棋士。神奈川県出身。小学3年で将棋を開始。小学6年で奨励会に入る。16歳でプロ入り。永世名人のタイトルを獲得。また、日本将棋連盟棋士会副会長、日本将棋連盟専務理事などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司の指示に戦略的に従うとしても、自分の物差しだけはたえず磨き続けることが重要です。誰でも最初は自分らしく働く気持ちを持っています。しかし、上司の物差しに合わせて仕事をしていくうちに、多くの人が自分に羽があったことを忘れ、いつしかペンギンのようにヨチヨチ歩くだけになってしまいます。やるべき仕事を徹底的にこなしつつ、自分の物差しを持ち続ける。そのためにも、「この仕事は自分の人生にどのような意味を持つのか」と自分に問い続けることが大切です。

ジョン・キムの名言|自分の物差しを持ち続けることの大切さ


当社は常に成長性があり、革新的な「より良いアイデア」を持つ会社との提携を求めています。
【覚書き|トヨタやNTTコミュニケーションズと提携したことについて語った言葉】

マーク・ベニオフの名言|革新的なより良いアイデアを持つ会社と提携する


物事が成功する可能性に疑問や疑念を抱くのは、ネガティブ思考に陥っている証拠で、そうした考えは頭から追い払うべきだと言われる。しかし、そういった発想は不健全で愚かなものだ。根拠のない楽観主義をかたくなに持ち続けることは愚行以外のなにものでもない。

ダン・ケネディの名言・格言|根拠のない楽観主義は愚行


思い切って若者のところへ飛び込み、彼らの若さを学び取る。このときに経験が邪魔をするなんていっていたらダメです。若者の最大の特徴は、不安なのですから。大人は不安要素を回避するあまり、若者をバカにしがちですが、宮本武蔵の『五輪書』を見ても「居つくことは死ぬことなり」とちゃんと書いてあります。いまの自分に安心して居ついてしまうことは、腐って死んでしまうことなのだから、それが嫌なら変化するしかありません。

米長邦雄の名言|いまの自分に安心してしまうことは、腐って死んでしまうこと


年を重ねると人の優しさに敏感になり、わかってくる。もらった思いやりは身に染みこませ、大事にしまっておく。すると、自分がいかに生かされてきたかが感じられる。

柴田トヨの名言|年を重ねると人の優しさに敏感になり、わかってくる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ