村上太一の名言|情報は集めるだけでは使えない

情報は集めるだけでは使えない。情報を集めた後に自分の考察を加えるプロセスが大事。

村上太一 の経歴

村上太一、むらかみ・たいち。日本の経営者。東京出身。小学生のころに企業を決意、高校在学中に起業準備を開始し簿記二級、情報処理技術者試験などを取得。早稲田大学政治経済学部在学中、(株)リブセンスを設立。アルバイト情報ウェブサイト『ジョブセンス』を立ち上げる。同社を創業2年で黒字化させ、当時史上最年少の25歳1か月で東証マザーズに上場を果たした。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

小説家になろうと思ったのは、19歳のときです。「どんな職業でも、10年やって芽が出なかったら才能がない」という考えがあったので、30歳までというリミットを設定しました。

単に知識を得るのではなく、頭が痛くなるほど考える。すると、いつか腑に落ちるところまで到達します。そういう経験をすることが大切なのだと思います。

私は職人のこだわり、頑固さは大好きです。しかしビジネス的に見れば、残念ながらこうした考えでは生き残っていけない。やはり時流に合っていないと通用しません。

スケジュール管理のポイントは、「同じような予定やアポを同日にまとめること」。取材などの外出予定がある日に、なるべく他の外出予定も入れるように調整します。「職場で作業する日」「外出する日」を分けることで、合理的に時間を使えて、仕事にも集中できる。

ホンダジェットの開発チームは、困難な課題、打ち切りを検討する本社、冷ややかな同業者の目線など、まさに修羅場の連続だったでしょう。だから、迷路の行き止まりに見えても、徹底的に解析し突破口を探り当てました。

本当にいい技術は構造的に、体系的に説明できるはずです。これができないということは、技術のどこかにムダや無理があります。もちろん、説明の巧拙という属人的な面も多少はありますけれど。「分かりやすさ」は経営にとどまらず、あらゆる仕事の要諦だと考えています。

うちの製品は工場見学に来て1日じーっと眺めても、なかなか真似できないんです。特許情報を見て理屈がわかっても、加工精度と品質、耐久性が違う。

基本で物事を考えていく。そこから工夫すれば、いろいろなことができる。しかし基本を間違えていると、何もできない。

2000年以降、トレンドのサイクルが非常に短くなる一方で、しまむらの店舗数は1000点を超えるようになり、2、3か月の遅れでは新商品を投入できなくなりました。こうなると、もはや流行の一番先を走る以外にはありません。情報収集力をつけ、極力アタリハズレのリスクを回避する。これが00年代、最初の10年の方針でした。

私が卒業した灘高校、東京大学というのは、いわゆる世間では学力が高いといわれる学校ですが、卒業生がみな社会に出て活躍しているかといえば、実はそうではありません。組織の中に埋もれ、自分の力を発揮できていない人も少なくないのです。こうした世間でいう「頭の良い人」でも、社会で活躍できない人がいる理由は、学力で表される「頭の良さ」と、社会で活躍するための「頭の使い方」とが根本的に異質だからでしょう。

ゴルファーを9つのセグメントに分類。それぞれのニーズを導き出し、製品コンセプトを確実に具現化することでターゲットを明確化しています。

グローバル化を積極的に進めてきた中で、いま、何をすべきかをずっと考えてきました。たどり着いたのが、「すべてのステークホルダーから愛されることで100年企業になる」という理念。

年齢と熱意は必ずしも相関しない。

ページの先頭へ