宮内義彦の名言|ミッションが正しければ信念を持ってやり遂げられる

ミッションが正しければ信念を持ってやり遂げられる。

宮内義彦 の経歴

宮内義彦、みやうち・よしひこ。オリックス・グループ会長。神戸出身。関西学院大学商学部、ワシントン大学経営大学院でMBAを取得。日綿實業(現ニチメン)に入社。その後、ニチメンと三和銀行の合弁会社オリックスに移籍し、代表取締役社長を経てオリックスグループ会長へ。経済同友会副議長、日本フィルハーモニー交響楽団理事長なども務めた。財界一の野球好きとして知られ、阪急電鉄から球団を買い取り、名物オーナーとして活躍した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

スキルと違って、センスは直接的には育てられません。しかし、育ちます。定型的な教科書がなくても、仕事生活の中で磨くことはできます。自らの戦略のセンスを磨くのに最も有効なのは、実際に経営者としての戦略作りを経験すること、そうした数場を踏むことです。

楠木建の名言|戦略作りのセンスを磨くには戦略作りの数場を踏むこと


M&Aで重要なのはインテグレーション(一体化)です。効果を発揮するには、働く人の気持ち、感情を大切にしなければなりません。つまるところ、買収先の社員、取引先が、M&Aを受け入れてくれるか、我々と一緒になることで喜んでもらえるか。

若山陽一の名言|M&Aで重要なこと


自分がやりたいことだけ、好きなことだけに固執していく考え方ではつらい。30くらいになったんなら、そのへんを考えてみてもいい。自分では気に入る服でなくても、人から着せてもらって「これはあなたに似合っていますよ」と言われて、初めて「ああ、そうなんや」と気づくことも多いですから。

板尾創路の名言|人から「これはあなたに似合っていますよ」と言われて、初めて「ああ、そうなんや」と気づくことも多い


患者=顧客がどういう状態にあるかを察知し、それにふさわしい対応は何か、と考えることが接遇の第一歩です。例えば「患者にわかりやすく伝えるには、ゆっくり話すのがいい」と言われることがあります。しかし、せっかちな性格で早口で話す患者には、イライラする原因になるかもしれない。こちらの話すスピードを患者のペースに合わせることで、コミュニケーションがスムーズに行えることもあるでしょう。

福岡かつよの名言|相手に応じてコミュニケーションのやり方を変える


企画をつくるとき話す相手は、発想が面白い人や、頭がよくて自分の言いたいことをすぐに理解してくれるような人は、むしろやめた方がいいでしょう。僕のやっている仕事がまったくわからない人にわかるように説明しているうちに、自分の口から意外な言葉が出てきて企画のきっかけになったり、解決のヒントが見つかったりするのです。

岡田斗司夫の名言|企画をつくるときに話すべき相手の特徴


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ