三木雄信の名言|どんな難題でもゴールまでの数字を明確にして走り始めると、人はそこに向かう

どんな難題でもゴールまでの数字を明確にして走り始めると、人はそこに向かう。

三木雄信 の経歴

三木雄信、みき・たけのぶ。日本のコンサルタント。福岡県出身。「トライオン」社長。東京大学経済学部経営学科卒業後、三菱地所で「丸の内活性化プロジェクト」に携わる。その後ソフトバンクに移り、社長室長に就任。その後独立し、ジャパン・フラッグシップ・プロジェクトを設立。そのほか日本年金機構非常勤理事、東京大学大学院新領域創成科学研究科非常勤講師、東北学院大学経営研究所特別研究員、厚生労働省大臣政策室政策官なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あれこれ考え過ぎても、投資はうまく行かない。知識が多ければ儲かるのなら、大学教授の投資パフォーマンスが一番いいはずだ。

豊島逸夫の名言|あれこれ考え過ぎても、投資はうまく行かない


もしあなたが日本国内でずっと仕事をしているのであれば、手始めに「自分の肌で、世界の国々の活気に触れてくる」ことを勧めたい。できれば留学が望ましいが、視察旅行でも良いだろう。すると、世界はチャンスに満ち溢れていることや、自分よりはるかに能力の高い人たちの存在に気づき、仕事に対するモチベーションが高まるはずだ。

藤巻健史の名言|自分の肌で、世界の国々の活気に触れてくることが大切


出張のコツは、「最初に、早朝と夜のアポイントを入れる」ことです。打ち合わせは10時~17時頃のいわゆる「コアタイム」にすべき、と思い込んでいる人が多いですが、その時間帯は誰もが本業で忙しいもの。聞いてみると、実はその前後のほうがいいという人は結構います。とくに経営者クラスは早朝から、逆に現場の方は夜の19時くらいからのほうが、時間が取りやすいという人は多いですね。そこでまず、こうした方々とのアポを固めたうえで、その間の予定を入れていくと、時間を有効に使えます。

鳥越恒一の名言|コアタイム以外にアポを入れる


経験上、フェイスブックの「いいね!」が100以上のアイデアは既に世に出ていることが多い。今回は20。これは行けるのではと判断します。

イセオサムの名言|「いいね!」が100以上のアイデアは既に世に出ていることが多い


僕も最初に入った課が潰れそうだったから、年功序列や合議制で決めている余裕はなかった。僕が新しいブランド事業をやり始めた時、「何を考えているんだ」と言われたこともあったけど、稼ぎ出すと上層部もそれに頼らざるを得ない。そして課が部になり部門になり、繊維事業全体の半分になった。初めから儲かるところにいると、新しいことをしなくなりますよ。

岡藤正広の名言|初めから儲かるところにいると、新しいことをしなくなる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ