午堂登紀雄の名言|いい情報を公開すると、相手も情報を教えてくれる

いい情報を手に入れたら、惜しみなく人にも公開する。すると、相手も情報を教えてくれる。隠して自分だけ得をしようとしても、それ以上の情報は得られない。

午堂登紀雄 の経歴

午堂登紀雄、ごどう・ときお。日本の投資コンサルタント。岡山県出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、都内の会計事務所を経てミニストップへ入社。直営店店長、スーパーバイザー、本部のマーケティング担当として勤務し、優秀社員賞を受賞。その後、コンサルティングファームのアーサー・D・リトルで経営コンサルタントをしながら不動産投資を始める。1年で3億円の資産を形成した。その後独立し、投資やビジネスをしながらお金について教えている。主な著書に『お金の才能』『お金がいままでの10倍速く貯まる法』『やる気がなくてどうしようもない僕を救ってくれる本』『世界で戦える自分をつくる5つの才能』『年収3000万円を生み出すコア学習法』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

夢を持ってほしい。大小は関係ない。心を込めて仕事をする時、人は幸せを感じられるから。もったいない生き方はしないでほしい。

我々地方企業は、地元だけでは生きていけなくなると思います。既に進出している首都圏事業を拡大し、やがてアジアへの進出を加速せざるを得なくなるでしょう。とすれば、大企業とも戦える力が必要です。

このままでは改革は遅々として進まない。トップが意識を変えなければ何も変わらない。

ビジョナリーカンパニーの創業者にとって、最も大切なことは組織を作ることであり、着実に前進することである。先見性のある商品のアイデアで、ヒットを生み出すことはできない。

人生は何が吉と出るかわからないのだから、思ったことははっきり言ったほうがいい。上司にとってもズバズバ物を言う部下のほうが分かりやすいはず。

高いリスクを負う場合には、危険を素早く察知する必要がある。その手掛かりとなるのは、小さな職場単位の利益や付加価値の変化である。

私は議論する場はフラットであるべきだと考えています。それは仕事を楽しくすること、いい人材に長く勤めてもらうためにも大事なことです。言いたいことを言えないのはフラストレーションが溜まるし、偉い人と偉くない人で線引きされた組織というのは、居心地がよくないですから。それにフラットな議論の場では意見はたくさん出てきます。

社員への働きかけでは、私にも失敗があります。社長就任直後、身近にいた役員を飛び越して、社員全員に改革をアピールしました。ところが、疎外感を抱いた役員との間で軋轢が生じ、状況はより悪くなってしまいました。改革は一人ではできません。全員とコミュニケーションをはかるのは物理的に不可能ですが、直属の部下を無視してはいけません。

歴史を振り返ると、年長者と若者というコンビは多い。あのクビライは南宋接収という大事な局面で、イランからきたバヤンという若者を抜擢しました。カエサルも後継者として、18歳のオクタヴィアヌスを指名した。年長者と若者のコンビは、互いを補完しあい、また新しい挑戦をするにはふさわしい。

アパレル業界では奇抜なビジネスでも、IT業界ならば「当たり前の発想」としてある。「他業種からアパレルを見る感覚」を、経営で大事にしたい。

ページの先頭へ