午堂登紀雄の名言|いい情報を公開すると、相手も情報を教えてくれる

いい情報を手に入れたら、惜しみなく人にも公開する。すると、相手も情報を教えてくれる。隠して自分だけ得をしようとしても、それ以上の情報は得られない。

午堂登紀雄 の経歴

午堂登紀雄、ごどう・ときお。日本の投資コンサルタント。岡山県出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、都内の会計事務所を経てミニストップへ入社。直営店店長、スーパーバイザー、本部のマーケティング担当として勤務し、優秀社員賞を受賞。その後、コンサルティングファームのアーサー・D・リトルで経営コンサルタントをしながら不動産投資を始める。1年で3億円の資産を形成した。その後独立し、投資やビジネスをしながらお金について教えている。主な著書に『お金の才能』『お金がいままでの10倍速く貯まる法』『やる気がなくてどうしようもない僕を救ってくれる本』『世界で戦える自分をつくる5つの才能』『年収3000万円を生み出すコア学習法』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たとえ何が起ころうと構わない。いま殺されてもいい。俺は人々のためにパフォーマンスをしているんだ。

「Not Invented Here syndrome(NIH症候群)」という言葉があります。どういう意味かというと、自分が発案したことは一生懸命やるけれども、人から言われたことはやらないということ。

会社の成長を左右するのは「人」ではなく「企画」だと考えています。社員を総入れ替えしても企画が同じであれば、同じ状態が続くでしょう。

強みは社内の会議では見えてこない。売れないときこそ、外に出ていき、強みを探すこと。それが大きな打開策になる。

危機時に、物事を倭小化して考えたくなるのが人間の性ですが、そうではなく、起きたら最悪のことを考えようと。これは前任の鈴木(久仁)に学んだ姿勢です。

何を志すにしろ、順序正しく進むことが一番である。これを無視すると、いわゆる豪傑肌に陥り、大言壮語をこととし、日常の些事をかえりみなくなる。

同じ本を2回読むこと。1回目はざっと目を通し、そこに書かれていることをひととおり頭に入れます。それができたら今度は「逆のケースで考えたらどうだろうか」「この部分は前の記述と矛盾しないか」というように、内容を疑ったり批判したりしながら読むのです。本はそういうふうに読んで、はじめて理解が深まるのです。

「信頼できる上司」にもいくつかポイントがある。このようなタイプの上司であればすべてを打ち明けてもいいだろう。

  1. 自分の成功談より失敗談を語れるタイプ。上司の成功した方法が現況でも通用するとは限らないし、第一そんな自慢話は聞いていてつまらない。
  2. 部下の話をしっかり聞いて責任を負ってくれるタイプ。部下が自分の失敗を正直に報告することは勇気のいることだ。そういうときこそ親身になって相談に乗り、「気にするな。最後は俺が責任をとるから」と腹をくくれる上司。

会社は経営者によって良くも悪くもなる。

デジタルなコミュニケーションはすでに世の中に氾濫しています。それなら、逆にアナログなコミュニケーションを追求してやろうと思ったんです。一緒にゲームをするには、「やりましょう」とか、「いまどんな感じですか」とか、実際に言葉が必要になってきます。アナログなコミュニケーションをとることで、より盛り上がると考えたんです。

才能あるスタッフが「その気」になれば、きっといい作品に仕上がります。そういう意味では、プロデューサーの仕事というのは、スタッフを「その気」にさせた時点で、半分は終わったようなものなんです。

多種多様な人をまとめ上げ、業績を上げていくにはポストや報酬だけでなく「動機付けの技術」が必要。

最初に相手の出方を「見積もれる」ことが大事。そこは統計学と相性がいいところ。統計学は「厳密な正解」ではなく、「ざっくりした見積もり」を求める学問。ただ、この「ざっくり」という言葉が曲者で、正確には「確率62%」のところを「60%」と見積もるのはいいが、「75%」と見ていたらマズイ。精度が求められる。

ページの先頭へ