午堂登紀雄の名言|儲かる鉱脈は、マイナーなところにこそ眠っている

儲かる鉱脈は、マイナーなところにこそ眠っている。

午堂登紀雄 の経歴

午堂登紀雄、ごどう・ときお。日本の投資コンサルタント。岡山県出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、都内の会計事務所を経てミニストップへ入社。直営店店長、スーパーバイザー、本部のマーケティング担当として勤務し、優秀社員賞を受賞。その後、コンサルティングファームのアーサー・D・リトルで経営コンサルタントをしながら不動産投資を始める。1年で3億円の資産を形成した。その後独立し、投資やビジネスをしながらお金について教えている。主な著書に『お金の才能』『お金がいままでの10倍速く貯まる法』『やる気がなくてどうしようもない僕を救ってくれる本』『世界で戦える自分をつくる5つの才能』『年収3000万円を生み出すコア学習法』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あるベテランの俳優の方が、「自分は死ぬ気で演技をやっている」と真顔でおっしゃるのを聞いて、ハッとさせられたことがあるんです。それくらいの真剣さがないと続けられないんだな、と。だから、いまの僕にとっては全部が勉強だと思っています。

喜んで行い、行ったことを喜べる人は幸福である。

能率、効率をあげるために努力は必要ですが、度を過ぎた追求は人間の心を崩壊させます。もちろん、誰だってお金は欲しい。給料は一円でも高い方がよいでしょう。それは決して誤りではありません。しかし、そこだけを追求すればみんな満足するかというと、ますますもっと望むばかりで、心が渇いてくるのです。私は高い給料やボーナスが悪いと言うのではありません。経営者として報酬を出すことは大事なことですから。ただ、それだけでいいはずはない。厳しい目標追求をした分だけ、社員の穏やかな心をどうやって維持するかが大切なのです。

私は、靴下作りは労働集約型の産業だとずっと思っていました。しかし、ある本を読むと、コンピューターなどと並んでファッションも知識集約型産業だと書いてある。「そうか」と思いました。靴下もファッションの一つ。店舗で集めた情報を活用して、お客さんが欲しいものを即座に作ってお届けすることを徹底すれば、お客さんも、売り手も、作り手も、皆が喜ぶ。今ではSCM(サプライチェーン・マネジメントという言葉で表現されることを、実は丁稚で身をもって学んでいたわけです。

上手くいくことが勝つとは限りません。ですから、勝ったり負けたりでいいんですね。双方折り合える落としどころへきちんともっていけるだけの余裕がある人が「交渉上手」なんです。

国際政治は究極の騙し合いです。武器を使わない戦いであって、勝つか敗れるか。それをわきまえていなければなりません。

街で観察して得た情報を頭の中で24時間、弱火でグツグツ煮詰めていると、ある日ポンとアイデアとして出てくる。

リーダーは決して立場が上でも、偉いわけでもありません。「あの人がリーダーだと、仕事が上手く運ぶし、仕事が楽しいな」とメンバーが思ってくれるよう、細やかなケアをするのがリーダーの役目です。

最も職にあぶれやすいのが、「能力がそこそこの人」。「ずば抜けて能力が高い人」は、雇用形態が変わろうが引く手あまた。会社は高い給料を払ってでも、働いてもらおうとします。一方で、「能力が低い人」は、報酬の安い単純作業やガテン系の仕事も引き受けて生きのびます。「贅沢は言えない」という自覚もあるから、どんな仕事もいとわずやるのです。ところが「能力がそこそこの人」は、会社が常に雇いたいほどではないし、かといって本人に「安い仕事はやりたくない」という中途半端なプライドがある。こういう人が職にあぶれる人になる。

私は教える人間ではない。学ぶ人間だ。学ぶことが大好きな人たちと一緒に仕事ができることを大いに気に入っている。

ページの先頭へ