佐藤優の名言|人生の価値は「痛み」を分かち合える人をどれだけ持つかで決まる

人生の価値は「痛み」を分かち合える人をどれだけ持つかで決まる。決してお金の多寡ではない。

佐藤優 の経歴

佐藤優、さとう・まさる。日本の作家、官僚。東京出身。同志社大学大学院神学研究科終了後、外務省に入省。イギリス、ロシアの日本大使館に勤務したのち、外務省国際情報局分析第一課主任分析官として対ロシア外交に携わる。背任と偽計業務妨害容疑で有罪が確定し外務省を失職。『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で毎日出版文化賞特別賞、『自壊する帝国』で新潮ドキュメント賞・大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

夜に暗い気持ちで下した決定は、たいていロクな結果にならない。だから夜は早く寝て、難しい判断は次の日に明るい太陽の下でやる。

自分のプロフィール紹介に始まり、商品の説明や事例の紹介などをまとめ、定期的に顧客に届けるのです。それが私の営業の基本でした。「チラシを置いてくるだけ」と思えばプレッシャーも減りますし、何度も顔を出せば相手の印象にも残ります。何度かの訪問で相手の方から話を聞きたいと言ってくることもよくありました。

失敗もしましたが、そこから多くを学びました。当社の成功の背景にはこの市場から学んできたということ、そしてもうひとつは日本市場と日本の人々を信頼してきたことです。

みなさん、逝きますね。でも善き友であることはこれからもずっと続いていきます。
【覚え書き|臨終直前の言葉】

大事なのは睡眠時間の「長さ」より、睡眠の「質」の部分です。「朝スッキリ目覚められない」「熟睡感が乏しい」「昼間強い眠気を感じる」といった場合には、睡眠に何らかの問題を抱えている可能性が高いといえます。

リニアテクノロジーは創業以来大きな成長を遂げてきました。しかし、決して何かマジックがあったわけではありません。お客様のあらゆる課題に対して、誰もが思いつかない方法で解決策を提供してきたからだと考えています。

人は、企業家でも誰でもそうだが、何をやってもいい。しかし卑しいことだけはやめよう。

職場で評価が高く、出世する人に共通するのは表情が豊かであること。とくに笑顔は大事。人と向き合うときに口角を上げるよう心がけるだけでも、相手の印象はよくなります。

お客様との信頼関係が販売力につながっている。

大切なのは「心の平和」を築くということです。心と精神を落ち着かせれば、不安や心配も自然とおさまり、もっとずっと幸せな気持ちを楽しむことができます。

夢の実現には、具体化・数値化が必要です。いくら立派な夢を描いても、漠然としたままでは行動が伴いません。夢が叶った状態を数値で定量化し、それをいつまでに実現するかを決めてこそ、行動計画へと落とし込むことができます。

先日は裏千家のご当主が、お茶のまことの心は「和、敬、清、寂」の四文字に尽きると話された。いずれも人に対し己に対し常にとらなければならない生活態度を示されたもので、良く考えてみると、これは単にお茶だけの話ではない。人生万事この心で処すべきであって、人間平等・世界平和の大理想である。

雑談は人と人との心をつなぐ潤滑油のようなものです。雑談がイキイキすれば、商談もスムーズに運びます。

ページの先頭へ