村田諒太の名言|結果が自信を生んで、いい流れをもたらす

ポジティブだから勝てるわけでも、ネガティブだから負けるわけでもない。大事なのは、結果を出すこと。結果が自信を生んで、いい流れをもたらすんじゃないでしょうか。

村田諒太 の経歴

村田諒太、むらた・りょうた。日本のプロボクサー。奈良県出身。中学時代にボクシングを開始。東洋大学経営学部経営学科卒業。ロンドン五輪ボクシングミドル級で金メダルを獲得。約半世紀ぶりに日本ボクシング界に金メダルをもたらした。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスはスキルをどんどん獲得していけばうまく進められるような、そんな甘いものではない。もちろん基礎的なスキルがないと会社は回っていかない。ところが、経営はスキルと違い、担当部署があるわけではない。商売丸ごと動かして、それで成果を出すのが経営者だ。肝心要の経営がないと、担当の仕事というのも本来ありえない。だから、誰かが経営をしないといけない。担当者レベルのスキルを足し算して、いわゆるゼネラリストがいい経営者かというと全然違う。担当者と経営者の間にはつねに大きなギャップがある。それだけ経営人材は希少であり、どの国でも不足している。

素材選定から商品生産、企画、顧客満足まで自社でワンサイクルで回すことを徹底して、今まで以上に満足してもらい、リピーター増やすことが大事になる。「海外はこういう方法」ということではなく、グローバルワン、世界中で一つのことをやることが大事だ。

相手から好感を持ってもらうために重要なのは、「陽転思考」を持つことです。陽転思考とは、マイナスの出来事からでも「この点は良かった」とプラスの要素を見つけ出す思考パターンのことです。この考え方を持つと、ものごとを肯定的に見られるようになり、出てくる言葉も自然と変わってきます。

先代は「不動産はどんなによい立地でも、好不況に関わらず人が集まる場所でなければいけない」と言っていました。中央土地は名前の通り、東京駅の八重洲口周辺にビル事業、そして都内でも代表的な住宅地域である麻布、赤坂、芝周辺にマンション事業をしており、確固たる基盤となっています。

知性を高めていくには、現実と思い込みを明確に区別しなければなりません。さらに、自分の知識の範囲を自覚していくことが必要です。この世界について、人生について、自分自身について、今の自分が何を知っていて、何を知らないかを、知っていく必要があります。そして、単に「信じていること」と実際に「知っていること」、「思い込み」と「事実」を見分けることを覚えていきましょう。

本業に力を入れ、仕事でも家庭でも求められていることを完璧にこなしていく。そうやって結果を出す中で築いた能力、人脈、自信は、将来豊かに暮らすうえで必ず基盤になるはずである。

なぜその商品でなく、この商品を自分は選んだのか。その理由をいちいち明確にすると売れる商品がイメージできてきます。

欲望という厄介な力に打ち克つためにはどうしたらいいのだろうか? 「忍耐は煩悩の炎を焼き尽くす最高の力である」というブッダの言葉がある。「煩悩」とは、怒りや欲のような心のネガティブなパワーを総称した言葉である。そういった心のパワーに抗しうるものこそが「忍耐力」であると、ブッダは説いている。

面倒だと脳が感じている出来事が起こったときこそ、脳が成長できるチャンス。面倒なことほどやるべき。

仕事において僕は、「相手のため」という目線を忘れないことを大切にしています。例えば資料やファイルを渡す時でも、相手に分かりやすい工夫や、作業しやすくなる配慮をしたうえで渡す。その積み重ねが評価につながり、自分も気持ちよく仕事ができます。

ページの先頭へ