大山健太郎の名言|仕組み作りは経営の基本

仕組み作りは経営の基本。どんな時代環境でも利益の出せる仕組みを作ることが大事。儲けるのでなく、利益が出る仕組みです。

大山健太郎 の経歴

大山健太郎、おおやま・けんたろう。日本の経営者。アイリスオーヤマ創業者。大阪出身。高校卒業後、急逝した父の跡を継ぎプラスチック成型加工の大山ブロー工業所代表に就任。その後、同社を法人化・事業転換しアイリスオーヤマに社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか、東北ニュービジネス協議会会長、宮城県産業デザイン交流協議会会長、日本DIY協会常任理事、東北経済連合会常任理事、日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会常任理事、仙台経済同友会幹事、みやぎ工業会理事、東北工業大学非常勤講師などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

決断力を高めるには経験や情報を自分にインプットすることが大切です。他社が何をやっているのかを調べるのはもちろん、読書するのも旅に出るのも、すべてが決断するための財産となります。

有吉弘行君がいい例で、人気がなくなって何年かして再ブレークしたでしょう。でも、彼のやってることは変わってない。勝手に時代が注目したり離れていったりするだけなんです。大事なのは根っこの部分がブレてないこと。

会社外で仕事がこなせる環境を整えましょう。会社でしかできないことと、自宅などでもできることを整理すると、不要な作業が発見できるかもしれない。セキュリティーに配慮しつつ、クラウドサービスを活用したいところです。

(ゴールドマンサックスを)辞めない理由はもう2億個くらい(笑)数えられないぐらいあったんですよ。一方で、社会環境とか、自分のやってきた金融という仕事とかを考える と、自分はキャピタルマーケットの中で育ってきた。そこで力もついて、認められて成長したと感じていたんですね。一金融人として今やらなければならない、と思ったことがあるわけですよ。でも、新しく始めるほうは何の約束もない。うまくいくかどうかはわからない、あるのは道だけ。利益を考慮したら決まらな い。じゃ、変化するほう、新しく行くほうにしましょうと。どっちでもいいんだったらね、残る方を選んだらつまらないじゃないですか。

返礼の要点は、金額の多寡ではありません。高い物を贈れば喜ばれるわけではない。とくに30代、40代が金額で背伸びをしても野暮なもの。静岡の出身なら旬が来た頃「しらす」を贈り、秋田の生まれなら「いぶりがっこ」を。こうした郷土の品はもちろん、旅先からふっと届く贈り物も気持ちがいいもの。大切なのは、「値打ち」。返礼に相手のことを思ったアイデアがあるかどうか。

私たちは「お客様目線」で考え、行動します。その意味でも、伝える言葉とコミュニケーション力は、業務遂行の上でポイントだと思っています。

私が先頭に立つ「リーダー」ではありますが、「ボス」ではない。それを理解していれば、偉そうな態度をとるのはおかしいし、部下や後輩の前でカッコをつけたり、自分を取り繕ったりするのもおかしいとわかるはずです。

自分では兼業にそれほどこだわっているつもりはないんです。でも、作家専業になったら外に出なくなるんちゃうかとか、生活のリズムが狂ってちゃんと仕事をしなくなるんちゃうかとか、そんな心配を理由に辞めそびれたまま、今に至ります。

偉大な天才は、時には仕事をしない方がより多くのことを成すという考えを、あなたの上司は認めてくれないかもしれない。しかし、孵化はあなたの潜在的な想像力を現実のものとするために必要不可欠なものなのだ。問題を抱えたまま眠りにつき、朝起きると解決方法を思いついていた、という経験は誰にでもあるだろう。しかし、孵化が最も効果があるのは、ダ・ヴィンチのように夢中で仕事に打ち込む時間と休む時間を交互にとることだ。

才能がある人間はかなり自分本位でなくては駄目。外から多くのことを邪魔されている余裕はないから。

ページの先頭へ