大山健太郎の名言|仕組み作りは経営の基本

仕組み作りは経営の基本。どんな時代環境でも利益の出せる仕組みを作ることが大事。儲けるのでなく、利益が出る仕組みです。

大山健太郎 の経歴

大山健太郎、おおやま・けんたろう。日本の経営者。アイリスオーヤマ創業者。大阪出身。高校卒業後、急逝した父の跡を継ぎプラスチック成型加工の大山ブロー工業所代表に就任。その後、同社を法人化・事業転換しアイリスオーヤマに社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか、東北ニュービジネス協議会会長、宮城県産業デザイン交流協議会会長、日本DIY協会常任理事、東北経済連合会常任理事、日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会常任理事、仙台経済同友会幹事、みやぎ工業会理事、東北工業大学非常勤講師などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社には「人の三井」や「挑戦と創造」という価値観が脈々と流れている。だから、世の中がどんな状況になろうとも、それらの価値観をもって、我々の変わらぬ役割をしっかり果たしていく。

禅でいう自由とは、自分がやりたいことを何でもできるとか、欲しいものを何でも手に入れられる自由とは異なる。禅の自由は、文字通り、自らに由ること。自分の足で立つこと。自立をすることである。この自由の境地から、本物の自尊心が湧き上がってくる。現代風に言えば、自分の本当の価値を知ることになるのである。

若い頃に厳しく苦しい経験をしたからこそ今がある。

グローバル化すればするほど、個人の固有な強みが何かということが重要になってくる。

お前の会社をもっと宣伝しろと言われているんです。多摩川精機は未上場だし、衛星やミサイル、魚雷など航空宇宙・防衛産業向けの電子機器を作っている会社で世間にはあまり知られていないから、ちゃんと宣伝しないと製品を使ってもらえないぞって。

私は一度やると決めたら、徹底的にやらなければ気がすまない。とことんやって結果が出なければ、その時点で理由を考えればよい。

中途採用の場合、企業がちょうど欲しいカテゴリ、ちょうど欲しい年齢、かつフィーリングが合わないとダメです。大学教員の公募なんて、自分が落ちたポストに採用された人を見ると「それはないだろう……」ということもままあります(笑)。

インセンティブの付与や研修・セミナーの受講は効果的な手段ですが、長期的なモチベーションの維持に適しているとはいえない。インセンティブにおけるモチベーションはお金であり、企業理念に対する共感ではありません。それでは、より給与の高い会社に転職しかねない。また、研修・セミナーの受講は、一時的にモチベーションがアップしますが、時間が経つと熱が冷めてしまいます。

カダフィ大佐は何万人の前では、陶酔させるような演説上手でした。ところがインタビューの場では落ち着かなくて、「これがあのカダフィかしら」と思わせるくらいです。その後、ジャーナリストや通訳として、様々な首脳に会いましたけれども、群衆の前に立つときはともかく、素顔はみんな人間くさいですよ。

実は、改革案が妥当だったかどうかの分かれ目は、「改革方針」そのものより、「現状の何がまずいのか」という反省論が甘い場合が圧倒的に多いのです。現状認識と反省が核心を突いていなければ、方針や戦略も的外れになるのは当たり前です。

昔は電子手帳に凝っていましたし、今もスマートフォンは最新機種を使っています。電子機器の良さはよく知っていますが、書くこと自体が脳を刺激しますし、頭の中にあることを文字の形や色で自由に表現できるノートは、発想を広げられます。考えを深めるツールとしては、ノートは最高の道具ではないでしょうか。

日本の会社は社内の意識が、閉鎖的になりがち。最近、いい方向に向かってきたのは、日本の会社の2割ぐらいがグローバル企業となったからではないでしょうか。海外とのやり取りが多くなり、自然に変わり始めている部分もある。

自分を抑制することから逃げている限り、本当の幸せを知ることはないでしょう。不運と弱さに身を沈め、精神的なコントロールのない無責任な状態で、低いレベルに留まり続けることになります。

ページの先頭へ