大山健太郎の名言|仕組み作りは経営の基本

仕組み作りは経営の基本。どんな時代環境でも利益の出せる仕組みを作ることが大事。儲けるのでなく、利益が出る仕組みです。

大山健太郎 の経歴

大山健太郎、おおやま・けんたろう。日本の経営者。アイリスオーヤマ創業者。大阪出身。高校卒業後、急逝した父の跡を継ぎプラスチック成型加工の大山ブロー工業所代表に就任。その後、同社を法人化・事業転換しアイリスオーヤマに社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか、東北ニュービジネス協議会会長、宮城県産業デザイン交流協議会会長、日本DIY協会常任理事、東北経済連合会常任理事、日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会常任理事、仙台経済同友会幹事、みやぎ工業会理事、東北工業大学非常勤講師などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

中期や長期の計画を立てる時も、絶えず考えたのは、時代の流れに乗ること。時代の流れに逆らっては絶対に成功しない。

上原明の名言|時代の流れに逆らっては絶対に成功しない


映画監督という、昔は思ってもみなかった仕事をするようになっても、やっぱり俺は理科系だなと思う瞬間がある。シナリオを書いていて、因数分解みたいな作業を無意識のうちにやっている自分に気づくのだ。だから理系の学部に入ったことは、間違いではなかった。ただ、そこを卒業して、その先に敷かれているレールに乗って走っていく未来に、魅力を感じられなかった。

北野武の名言|魅力ある未来を選ぶ


顧客満足度はゲスト(お客様)が体験したアトラクションの数に必ずしも比例しません。アトラクションごとに「非常に満足」から「非常に不満」まで5段階で評価した場合、「非常に満足」の絶対数こそカギになります。満足度を学校のテストに例えれば、一定の「合格点」を超えればいいのではなく、「満点」でなければなりません。しかも、アトラクションの人気と顧客満足度は必ずしも比例しません。

加賀見俊夫の名言|「非常に満足」の絶対数こそカギ


Jリーグを作るとき、僕はリーグの総務、経理の制度設計をシビアに進め、お金の扱いと流れの透明性を保つことにこだわりました。Jリーグには実務を担える人材がいませんでしたから、銀行から能力のある人を招き、ドイツのブンデスリーガやイングランドリーグを参考にガバナンスを整えていったんです。なぜ、僕がそこにこだわったかと言えば、経営基盤がしっかりしないまま、「百年構想」のような大きな夢を語っても実現は難しいからです。

川淵三郎の名言|経営基盤がしっかりしないまま、大きな夢を語っても実現は難しい


我々は権利者とお話をして、その人に信頼されなければ一緒に再開発なんてできません。ご自分の命の次に大事な資産を託す、信用して一緒にやろうというためには、まず人として認められなければいけない。

辻慎吾の名言|まず人として認められなければいけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ