板東浩二の名言|若い時期に苦しい経験をした人の方が伸びる

境遇は選択の余地がないから全力でやるしかない。でも総じて、若い時期に苦しい経験をした人の方が伸びるよと伝えたい。

板東浩二 の経歴

板東浩二、ばんどう・こうじ。日本の経営者。「NTTぷらら」社長。徳島県出身。徳島大学工学部電子工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。九州支社ISDN推進室長、長距離事業本部通信網システム部担当部長、マルチメディアビジネス開発部担当部長などを経てジーアールホームネット(のちのNTTぷらら)社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「否定より提案」「思想より行動」を意識して仕事をしています。ビジネスでは「提案」と「行動」がすべて。

石川康晴の名言|ビジネスでは「提案」と「行動」がすべて


我々が先導してビジネスモデルを作り、研究してお客様に提案していかなければならない。

北村正志の名言|先導してビジネスモデルを作る


インドに出張した技術者は砂塵が舞う町の店先でプリンターが使われている様子を目にして驚いたと話していました。先進国ではあり得ない使い方だったからです。こうした現場での痛切な体験は、お客様が本当に欲している商品は何かを真剣に考えるきっかけになります。

小池利和の名言|現地に行ってわかることがある


経営方針を転換した当初、自分だけが苦労していると感じていました。そんなときに出会った言葉が、ある方の「他人や過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ」という言葉でした。この言葉が私を変えてくれたおかげで、スタッフとの関係が改善されました。それ以来、私の思考は180度変わりました。

中山和義の名言|思考を180度変えた言葉


バブルを明確に定義することは難しいですが、一つには株や不動産を代表とする資産価格が、合理的に説明できにくい価格に上昇する状態でしょう。私は株価水準を見る上で、時価総額を重視しています。ITバブルの最中の2000年に、ソフトバンク株の時価総額がトヨタ自動車株を超えることがありました。株価は未来を映し出します。だからといって過大な負債を抱えて格付けが投資不適格のソフトバンクが、日本を代表する超優良企業のトヨタを超えるのは、どうみても納得できるものではありませんでした。そんな状態が長く続くはずもなく、これがバブルのピークと、トヨタ株の時価総額を超えた後にソフトバンク株は急落します。

永野健二の名言|バブルとは株や不動産を代表とする資産価格が、合理的に説明できにくい価格に上昇する状態


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ