和田眞治の名言|自由化の本当の意義

自由化の本当の意義は、独占企業を排除するとか、エネルギー会社同士の再編を進めることではない。新しい知見をどんどん取り入れて、産業を変えていくことだ。

和田眞治(和田真治) の経歴

和田眞治、わだ・しんじ。日本の経営者。「日本瓦斯」社長。島根県出身。成城大学経済学部卒業後、日本瓦斯に入社。取締役営業部長兼西関東支店長、専務取締役営業本部長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

成長というのは「だんだん伸びていく」のではなく、「ある日突然」やってくるものです。したがって、一度でも「ある日突然」を経験した人は、次なる目標に対しても「ある日突然」を信じて努力を続けられるわけです。ですから、まずは一度でも階段状に自分が成長することを経験する。その最初の瞬間まで踏ん張れるかどうかが勝負の分かれ目だと思います。

小笹芳央の名言|成長はある日突然やってくる


ヤマト運輸などが労基の問題などで手が届かない仕事がウチに来ています。例えばコンビニの早朝の集荷など。こういうジャンルは元々やれる人が少ない。しかしIT化が進み、それが物流の業界にもシフトしている今、大手の手が行き渡らない時間・場所をカバーするウチのような業種への期待は高まっています。

阿部観の名言|大手の手が行き渡らない時間・場所をカバーする


どんな人でも一つや二つは取り柄があるはずで、それを武器にすればいい。お金も経験もない若者は、ベテランに太刀打ちできないと思うかもしれません。しかし、若者にはあり余る時間や体力があります。そうした強みを生かせるフィールドで全力投球すれば、道は必ず開ける。

元谷外志雄の名言|強みを生かせるフィールドで全力投球すれば、道は必ず開ける


重要なのは「革新」と「差異化」。要するに、人まねをしない革新。これによって需要が創造できる。需要を創り出すということは「こんな商品があったらいいな」と思ってもらえる商品をつくること。

茂木友三郎の名言|重要なのは人まねをしない革新


常に品物を良く吟味して、薄口銭で売る。たとえ品不足になったときでも日頃定めたものよりも高い値段にするようなことは決してするな。世の中が困るようなことは一切行ってはならない。

西川利助の名言|世の中が困るようなことは一切行ってはならない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ