和田眞治の名言|失敗のリスクがあるからこそやるべき

確かにリスクはある。だが失敗のリスクがあるからこそやるべきだし、組んでみなければ新しいことには挑戦できない。

和田眞治(和田真治) の経歴

和田眞治、わだ・しんじ。日本の経営者。「日本瓦斯」社長。島根県出身。成城大学経済学部卒業後、日本瓦斯に入社。取締役営業部長兼西関東支店長、専務取締役営業本部長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トップの私自身が社員たちと互いに一人の人間として同じ目線で向き合う姿勢を見せることが大切だと思っています。

上西京一郎の名言|トップが社員たちと同じ目線で向き合う0


結局、自分が生きて今ここに在るのは祖先のおかげであって、つまりは自分を超える何者かに「生かされている」のだと思わなければならない。

渡辺利夫の名言|自分を超える何者かに「生かされている」


ビジネス文書でまず大切なことは、書き始める前の準備です。読み手に最低限伝えるべきところ、すなわち「文章の肝」を考えます。何のために文章を書くのか。実用文で伝えるべき内容は、突き詰めれば一文に集約できます。ここではそれを「肝の一文」と呼びます。たとえば「来週月曜日に会議があります」「納期を延ばしてください」「代金を支払ってください」などです。こうした「肝の一文」が決まれば、文章を書く目的がはっきりし、情報が整理できます。

飯間浩明の名言|文書は「肝の一文」を考えることから


バイオベンチャーだからと言って技術だけを売りにはしません。常に患者さんに革新的なサービスを提供し、どうしたら社会に貢献できるのかを考えています。

矢﨑雄一郎の名言|常にどうしたら社会に貢献できるのかを考える


案外重要なのは、相手をよく知ること。相手がどんな人か、何に興味があって、どんな考え方の持ち主か、それがわかれば、糸口が見いだせるかも知れません。

村上龍の名言|案外重要なのは、相手をよく知ること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ