小倉昌男の名言|指揮官は高いところにいて旗をしっかり持って、きらきら輝いていなきゃだめ

企業は人間の集団。集団で戦っているのですから、指揮官は高いところにいて旗をしっかり持って、きらきら輝いていなきゃだめです。旗というのは、戦略の大事なところです。

小倉昌男 の経歴

小倉昌男、おぐら・まさお。日本の経営者。ヤマト運輸社長・会長。東京帝国大学経済学部卒業後、父が経営する大和運輸へ入社。父の後を引き継ぎ社長に就任する。クロネコヤマトの宅急便により、日本に個人向け荷物宅配サービスを普及させた。運輸省と正面から意見を対立させ勝利するなど数多くの伝説を残した。享年80。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

水泳でも、いちいちこうやったら泳げるとは考えないですよね。どんな物事でも圧倒的な下積みや基礎の練習をこなせば、身体化されてくる。頭も体もフルに使った圧倒的な経験の中で「身体化」されてくる。

ピンチをいかにチャンスに変えていけるのか、そこが大切。

心がまったく揺れ動かない人はいません。でも、いくら心が揺れても、最後には収まればいいのです。

(大名人と謳われた大山康晴第15世名人と対局したとき)手を読んでいる気配がまったくなく、ただ静かに盤面を眺めておられた。盤面という一幅の絵画を見て、「ここにこの駒があると、より美しくなる」といった感覚で手を指す。まるで大局観が違いました。自分の力ではまだ縮めることのできない、恐ろしく大きな差があるのだと実感しました。

グループ経営理念では、当社はお客様にとってなくてはならない最良のパートナーとして認められる会社であり、そのために、お客様に対して最高の価値を提供できる会社である定めました。ひと言でいえば、私は信頼の連鎖を生む会社であると認識しています。

ときどき「すみませんが」のひと言であらゆる状況に対応している方がいらっしゃいます。「すみません」はビジネスではNGワード。謝罪・感謝・依頼など広い意味があるため、真意が相手に伝わりにくいのです。また、言葉のワンパターン化はくどくて、心ない印象を与え、逆効果です。

私はジャーナリストという小さき者にすぎませんが、読者と視聴者にのみ忠誠を尽くす存在でありたい。

社内人脈を豊かにする3つのポイント

  1. 組織貢献の意識を持つこと。
    社内人脈をつくる目的はあくまで組織に貢献するためです。
  2. 相手に興味を持つこと。
    人は自分に興味を持ってくれた人に興味を持つ特性があります。
  3. 信頼残高を増やすこと。
    そのためにはひとつひとつの仕事で結果を出すしかありません。

当社の経営理念の一つに「公共性の追求」というのがあって、ビジネス以外でも世の中のためになる生き方を追求することをうたっています。そこで財団をつくって、中学生を対象に奨学金を出したり、様々な学習の機会を設けたりしています。

自分のやりたいことを若いうちに見つければ、そこに近づきやすいかもしれない。けれど、キャリアチェンジはいつでも可能だと思うんです。

どういう手順で進行していくかを考えることは、納期を守ったり、与えられた仕事を確実にこなすために、欠かせない作業。

ビジネスシーンでの話し方というのは、なにも敬語がどうのこうのということではなく、気遣いができるか、できないかがずべてなのです。

一流企業になる過程は終わりのないマラソンのようなものだ。途中で紆余曲折ありながらも一流を目指して走り続けなければならない。途中で順位を競うことに意味はない。順位にこだわりすぎて一流への道を踏み外すことの方が怖い。

ページの先頭へ