手嶋龍一の名言|大義に殉じる覚悟を持った人が、人を動かすことができる

外交官でも、公認会計士でも、営業マンでも、生き方を懸けて「断じて譲れない一線」があるはず。大義に殉じる覚悟を持った人が、人を動かすことができる。

手嶋龍一 の経歴

手嶋龍一、てしま・りゅういち。日本の外交ジャーナリスト、作家。北海道出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHKに入局。記者、ボン支局長、ワシントン支局長などを経て独立。また、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

強い人ほど、よく研究された戦法への対応力があり、策を凝らすだけでは勝てません。トップ同士の対局は互いに仕掛けた罠をすべてかいくぐり、最後は未知の世界に入ります。そこでは、棋士の個性も含めて総合力の勝負になる。だから、若い時期ほど総合力の基礎となる土台づくりをしたほうが、将来的な勝ちにつながるように思います。

人間は欲しいものをすべて言語化できていない。偶然の出会いを求めて書店に行きましょう。

Gメールは容量が巨大で、検索機能が非常に強力、目的のメールに短時間で苦もなくアクセスすることが可能です。つまり容量を気にして情報を取捨選択する手間もいらないし、後で探しやすいように整理する必要もないのです。ですから、様々なデータを自分宛にメールすれば、非常に有効で使い勝手のいい個人のデータベースをつくることができます。しかも、ネット上でいつでもどこからでも引き出すことができます。

最近、政治家とか芸能人に対するバッシングがすごいですけど、「自分は絶対にそうはならない」って自信に充ち溢れすぎてるような気がするんです。「もし自分が同じ立場に置かれたらそうならないか?」って仮定をみんな、しなさすぎじゃないかなって。

去年もそうだったから今年も同じにするのではなく、みずからの創意工夫が必要です。自分の考えも社会の変化に合わせて変えていかなければなりません。

全体の平均値や他店の数字ではなく、自分の店の絶対値はどこにあるのかをしっかりと見極めることです。どこの店がいいかという相対的な比較は顧客の側がすることであって、店側がすることではない。来店する顧客にどんな商品やサービスを提供すれば、より満足してもらえるのか、各個店が絶対に追求して壁を破ることが重要なのです。

イノベーションを成功させるには、焦点を絞り単純なものにしなければならない。

急な飲みの誘いこそ断らないようにしています。急に声がかかるというのはきっとそこに何か「縁」があるから。偶然の出会いから道が開ける経験をこれまで何度もしてきていますから。

使いやすい方が良質。どれだけユーザー視点で作れるかが重要。

経営統合をすると、情報共有を密にして、いち早く成果を出さねばと焦ります。しかし、急がば回れです。とくにゲーム開発には焦りは禁物です。

スケジュールにあえて空白の時間をつくることはありませんが、何らかの事情で突然2時間空いてしまったというようなことはあります。そういうときは、たまっていた書類を読むなどして臨機応変に対応します。

違う文化の人が一緒になってビジネスをするわけですから、最初は苦労します。でも1週間もすれば分かり合って助け合うようになる。自分とはバックグラウンドから何から全く違う人といや応なく向き合うことになる。こういう経験が視野を広くする。

道夫さんがもし馬鹿だったら、俺が何を言ったって聞く耳を持たないだろう。もし利口だったら、俺が何も言わなくてもわかるはずだ。だから何も言わない。後は道夫さんの器次第。
【覚え書き|入り婿として松井証券社長を継いだ松井道夫に自由に経営させた理由について】

ページの先頭へ