佐藤優の名言|楽にできるようになったと感じたら、次のステップに進む

仕事が楽にできるようになったと感じたら、次のステップに進み、新たなことに挑戦することで自分に負荷をかけ、さらに能力を高めるべき。

佐藤優 の経歴

佐藤優、さとう・まさる。日本の作家、官僚。東京出身。同志社大学大学院神学研究科終了後、外務省に入省。イギリス、ロシアの日本大使館に勤務したのち、外務省国際情報局分析第一課主任分析官として対ロシア外交に携わる。背任と偽計業務妨害容疑で有罪が確定し外務省を失職。『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で毎日出版文化賞特別賞、『自壊する帝国』で新潮ドキュメント賞・大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どうせ目標を設定するなら、とにかくスケールの大きなゴールがいいですね。たとえば、「この会社の社長になって、なおかつ業界初の経団連会長になる」とか、面白いじゃないですか。前人未到の目標なら、あらゆる選択肢が視野に入りますから。

どんな時代になっても封筒は絶対に無くなりません。でも、封筒とは何かを考えると、それは情報を届けるための1つの手段だと気が付きました。当社が扱ってきたものは「情報を届ける資材」だと考えれば、封筒にこだわる必要はないわけです。

仕事の優先順位は緊迫感がないと決まらないものです。だから「残業せず時間内に仕事を終える」ということを頭に入れ、限られた時間内で重要なことから先にやっていく習慣をつけることです。

大量の英単語に接していれば、自分の関心に引っかかる単語は必ず見つかります。好きなもの、興味の深いジャンルを手掛かりにすると、楽しくなります。

安易な商売をしている会社はとにかくマニュアル主義で、社員に頭を使わせない仕組みを作るでしょ。せっかく神様が唯一人間だけを「頭を使える動物」にしてくれたのに、知恵を働かせないと「人間に使われる人間」になるしかない。

私は災難が起こるたびに、これを良い機会に変えようと努力し続けてきた。

自分のことが先で、相手のことを後回しにする人は信頼されません。まず相手のことを気遣い、その気持ちを表現し、わかりやすいように伝える。これが徳を積むということの本質です。そして徳が備われば、その人は自ずと信頼されます。

教養は広いテーマなので、どこから始めたらいいか分かりにくい。でも、軸を決めれば、自分なりの切り口が見つかると思います。

どんな産業でも、国際的に活躍している企業はまず母国市場で圧倒的に強い。

時代の空気を気にし過ぎながら生きるのは、実にストレスフルです。たとえ古い価値観から逃れても、その時代の新しい価値観に乗り遅れることを恐れてびくびくしているようでは、本末転倒。かえって自分をすり減らしてしまうだけです。世の中がある方向に向かって一斉に動いているときは、あえて一歩引いて眺める意識が大切です。

ページの先頭へ