佐藤優の名言|楽にできるようになったと感じたら、次のステップに進む

仕事が楽にできるようになったと感じたら、次のステップに進み、新たなことに挑戦することで自分に負荷をかけ、さらに能力を高めるべき。

佐藤優 の経歴

佐藤優、さとう・まさる。日本の作家、官僚。東京出身。同志社大学大学院神学研究科終了後、外務省に入省。イギリス、ロシアの日本大使館に勤務したのち、外務省国際情報局分析第一課主任分析官として対ロシア外交に携わる。背任と偽計業務妨害容疑で有罪が確定し外務省を失職。『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で毎日出版文化賞特別賞、『自壊する帝国』で新潮ドキュメント賞・大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

銀行はなぜリスケジュールを行ってくれるのか、そしてリスケジュールを何年も続けてくれるのか。それは、銀行としてはリスケジュールを行い続けるほうが、メリットがあるからです。銀行が求めるメリットというのは、少しずつでも融資の回収が進むことです。そして融資の回収が進むためには、企業の利益が上がって返済が少しずつでも再開していくことが必要です。会社はいくら債務超過であっても、負債が多くあっても、足元の資金繰りがまわれば、継続することができます。割り切って銀行へは何年かかってでも返済していこうとすること、それもリスケジュール中の企業が考える方向の1つとして考えてよいのです。

川北英貴の名言|銀行へは何年かかってでも返済していこうとすること、それもリスケジュール中の企業が考える方向の1つ


仲間がいて、良いサービスや商品があって、お金がある。この3つが揃っていれば、起業がうまくいく確率は高くなります。ただ、この3つを揃えるためには、入念な準備が必要です。

森川亮の名言|起業の成功確率を高めるために必要なもの


優柔不断もときには大事です。あれこれ考えているうちに、いい結果が出ることもあります。大切なのは、悩んでいることに対して、罪悪感を感じたりしないこと。行き詰ってしまったら、仕事から離れて、酒でも飲んで寝ればいい。仕切り直せばいいんです。

金児昭の名言・格言|悩んでもいいが、罪悪感を感じないこと


面白いと思えなければ、仕事はよくならない。仕事がよくならなければ、会社は強くならないし、社会貢献もできない。

小林陽太郎の名言|面白いと思えなければ、仕事はよくならない


最近、ビジネスマンはアスリートと同じだと考えることがあります。つねに自分のモチベーションをキープし、自身のパフォーマンスを最高の状態で維持しなくてはならないからです。

徳重徹の名言|ビジネスマンはアスリートと同じ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ