佐藤優の名言|楽にできるようになったと感じたら、次のステップに進む

仕事が楽にできるようになったと感じたら、次のステップに進み、新たなことに挑戦することで自分に負荷をかけ、さらに能力を高めるべき。

佐藤優 の経歴

佐藤優、さとう・まさる。日本の作家、官僚。東京出身。同志社大学大学院神学研究科終了後、外務省に入省。イギリス、ロシアの日本大使館に勤務したのち、外務省国際情報局分析第一課主任分析官として対ロシア外交に携わる。背任と偽計業務妨害容疑で有罪が確定し外務省を失職。『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で毎日出版文化賞特別賞、『自壊する帝国』で新潮ドキュメント賞・大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現在、RD改革室を設けて、研究開発プロセスのどこで時間がかかっているのか洗い出す作業を行っています。

起業家というのは無から有を産むことに喜びを感じるという宿命を背負っている。

小笠原流礼法の真髄は「実用・省略・美」。日常の行動として役に立ち、無駄なく、ほかから見て美しくあるということです。

まだみんなが竹槍で戦っているときに、いち早く飛行機を手に入れて空から攻撃すれば簡単に勝てる。IT化というのは空中戦ができるようにするための道具。

価格競争による利益なき繁忙から脱することが大事。

学生にいかに考えさせ、さらに新しいものを生み出していくかを重視しています。

資産運用で重要なことは何だと思いますか? 多くの人は「お金を増やすこと」だと思っているでしょう。それも間違いありませんが、実はもっと大切な視点がある。それが「リスク管理」です。

最近のさまざまな問題も、結局はトップの経営姿勢が結果に出てきているケースが多い。

いま最も重要なのは、あなたが、自分自身に対してファイナンシャル教育を施すことだ。ドルが暴落しようがしまいが、米国債が格下げになろうがなるまいが、はたまた米国経済が奇跡の復活を遂げようが遂げまいが、お金の働かせ方を知り、高いファイナンシャル・インテリジェンスを身につけた者は、必ずや自分が繁栄する道を見つける。

リストラ勧告されたら、会社を辞めるか、条件次第で辞めるか、何が何でも居残るか、のどれかを決めないといけないが、考える時間は必要。最初の面接で即答してはいけないし、「何とか考えてみます」などのあいまいな返事も退職の可能性が高いと判断されてしまう。自暴自棄になるのはもってのほかだ。

仕事も、無心で取り組むことができたとき、「守破離」の「離」に達するのではないでしょうか。

これからの世界の中で、僕が実感として感じるところは、今までは何の商売をしていても、競合相手は(同じ商社界の)競合相手だったんです。ところが、今はだんだんそこのところが少なくなっている気がしています。これからの競合相手はグローバルだということでやっていかないと勝てないということです。

勉強にはふたつの段階があります。まず全体像をつかむために、とにかく情報を詰め込む段階。全体を大まかに把握できたら、次はディティールを詰めていく段階に入ります。このときに重要なのがアウトプットのイメージです。学んだことを自分の仕事にどう生かすか。具体的にどのような成果物にするのか。そのイメージが鮮明であるほど、ディティールが頭に入ってきます。

ページの先頭へ