佐田展隆の名言|仕事は、出足と手数とPDCAサイクル

仕事は、出足と手数とPDCAサイクル。「やった方がいいよね。でも……」と言っていてはうまく行きません。出足が遅いと手数を尽くせない。

佐田展隆 の経歴

佐田展隆、さだ・のりたか。日本の経営者。「オーダースーツSADA」を展開する「佐田」社長。一橋大学経済学部卒業後、東レを経て佐田に入社。同社社長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

よくないのは、分析ばかりに没頭して、パソコンでたいそうな書類を作成することに力を注ぐような人。そんな書類を作成する時間があるのなら、お客様に笑顔で接し、喜んでいただけるようなことをまずはやってみろと言いたいですね。

自分の将来のキャリアを考える時、ついつい甘えが出たりしがらみにとらわれそうになることがあると思います。でも、最終的にはそこからどう脱するかがビジネスパーソンとして成功するかどうかを分ける。

練習が終わったあとの時間の使い方が重要。チームでやる練習がすべてじゃない。プライベートな時間にもどれだけ個人練習するかが重要なんです、プロというのは。

仕事がうまくいかず、「自分にはこの仕事は向いていない」と考える人は多いと思います。私もトップの成績を上げられるようになってからも、常に順風満帆だったわけではありません。ただ、焦れば焦るほど受注は遠ざかってしまう。だから、苦しいときほどむしろ、徹底的にお客様へのサービスを心がけました。すると、いつの間にかまた成果が上がり始めたのです。ぜひ、自分が苦しいときほど、周りの人のいいところを発見し、書き出してみてください。

当グループの組織は非常にシンプルです。階層も基本的に一般社員、マネージャー、ゼネラルマネージャーしかないので、稟議を回すにしても必要な印鑑が少なく、迅速な意思決定が可能です。

リーマンショック後、倒産を半ば覚悟した会社からの帰り道、人でにぎわうファミリーレストランで食事をする家族を見て、腹が立ったことをよく覚えています。完全な八つ当たりでした。こっちは倒産寸前で泣きたいぐらいなのに、とても楽しそうに見えたからです。その時ふと「不景気なのにファミリーレストランはなぜ盛況なのか」という疑問が湧きました。不景気でも日本中の消費行動は続いている。それなのになぜ、うちの商品は売れないのか。答えは唐突に頭の中に浮かびました。「うちの商品が売れないのは高いからではない。世の中に必要とされていないからだ」。答えはすごくシンプル。売れるかどうかは、「どれだけ人に必要とされているか」でした。

バイヤーから「ここに仕切りを増やしてほしい」とか「バッグをもう少し厚く」と頼まれるのですが、断っています。多く売れなくてもいい。それよりも自分が考えている良さが削がれる妥協のほうがよほど恐ろしい。

苦しい日々が続いても、それは30年後の成功のための通過点にすぎない。40年後には香川一、四国一、西日本で注目されるすごい経営者になっている、その一心でつくった経営計画が、日々崩れそうになる自分を支えてくれました。

不用意な発言でセクハラやパワハラと受け取られ訴訟になるとき、原因がその一言のみというのはまずありえません。訴訟に至るのは、職場環境や仕事の上下関係を背景に、日頃の不満・不快、鬱屈が積もり積もった結果です。

一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで、勝利を完全に手中に収めるまで剣を捨ててはならぬ。

ページの先頭へ