小池龍之介の名言|必ず変われる。すべて諸行無常なんですから。

必ず変われる。さびしいまま続くことはありえない。すべて諸行無常なんですから。

小池龍之介(小池龍照) の経歴

小池龍之介、こいけ・りゅうのすけ。僧名・小池龍照、こいけ・りゅうしょう。日本の僧。山口出身。17歳で僧籍を取得。東京大学教養学部卒業後、寺院に勤務。その後、山口県にある浄土真宗正規寺第22代住職に就任。修行の傍ら、瞑想について教えた。主な著書に『考えない習慣』『ブッダにならう 苦しまない練習』『平常心のレッスン』『「自分」から自由になる沈黙入門』『貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

備えあれば憂いなし。火災保険はすべてに額面以上つけておけ。車両保険も、利益保険もあらゆるものにケチケチせずにつけておくことだ。これは社長の大事なつとめのひとつだ。事故の想定なしに事業はできない。想定したら思い切ってこれに保険を付けること。この心構えがなくては事業家とはいえない。

リーダーとはその立場に応じた発言ができるかどうかが問われる。

これまでの社会では、大学生までに身に付けた知識で一生、生きていけるという考え方があった。でもこれからは卒業後も一生涯、勉強して能力を伸ばし続ける必要がある。

当社の特徴は製販一体という事に尽きます。ただ作るだけではなく、宝石の輸入や仕入も私が現産地で直接行い、本当に最初から最後まで自社で貫徹できるところが一番の強み。

いままで我々は、あくまで店側があれこれ考えて、お客さんを巻き込んでいくものだとばかり思っていたが、小売の現場はすでに変わってきている。お客さんみずからが主役になって、お客さん同士で楽しんでいるのだ。こうなると、うちと付き合うほうが楽しいのだから、他店の商品がいくら安くても関係がなくなる。

いろいろな角度から数多くの事例を見ることができたのは、いまでも大きな財産になっています。経営も含めて、包括的にホテル業を分析し、トップと直接かかわってコンサルするという仕事では、それまでとは違う視野を養うことができました。
【覚書き|外資系コンサルティング会社アーサーアンダーセン勤務時代を振り返っての発言】

僕にとっての天賦は落語です。天賦だからこそ苦しいと思うことでも楽しめる。

必要なのはイノベーションによるバリューアップ。同じ機械で10円の商品を100個つくるのではなく、100円の商品を10個つくる。コストダウンではなく、高くても欲しいと思う付加価値の高い仕事をする必要がある。

私はみんなから必要とされる存在になりたいんです。声をかけていただけるのは、私に何かお役に立てることがあるということです。だから少しでもその声にお応えしたい。今後もたくさんの人のお役に立てるよう、人一倍の努力と工夫を続けていきたいです。

将来の成長の布石となる3つの買収を実現させました。買収では「中長期の戦略に適合するのか」「財務的に健全なのか」に加えて、「当社の企業文化とマッチするかどうか」を最も重視しています。

独立時、同僚から「血迷ったか」と言われた。「うまくいくわけがない」という空気が漂っていたことが、逆に面白かった。この可能性に気づいているのは自分だけだと感じ、ワクワクした。

デジタル社会は情報の共有スピードが激しすぎるので、求められる専門性の深さも尋常でなくなってきます。だから、プロダクトなり、サービスなりを作る時に、1つの専門性だけでは無理なんです。1人で全部をカバーすることはできない。

売れる地域で売れるものを売る。

ページの先頭へ