野村克也の名言|固定観念は悪

固定観念は悪。安直な判断ではなく、自分の目で見て、触って、自分の頭で判断することが肝要。

野村克也 の経歴

野村克也、のむら・かつや。日本のプロ野球選手、監督。現役時代は南海ホークスの名捕手として活躍。通算成績2901安打、657本塁打を記録。引退後はヤクルトの監督として采配を振るい、同チームを日本一へと導く。その後、阪神タイガースやシダックス、楽天ゴールデンイーグルスなどの監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまは「答えが誰にもわからない」時代です。いま何をすればいいかについて、会社も上司も正解を知りません。目の前に成功した人がいたとしても、別の人が同じやり方で成功するとは限りません。キャリアの地図を描いてみたところで、そこにある道程を歩いていくことが難しくなっています。

カキの煮汁に良質のグリコーゲンが含まれていることをヒントに、世の役に立つ事業をしたいと考えていた利一は、おいしさと健康を兼ね備えた栄養菓子グリコを創製しました。さらに、食べることと遊ぶことという子供の二大天職を満たすよう商品におもちゃをつけ、2×2を「5」にしてみせたのです。

大学時代の先輩は「楽しくなかったら下山しろ」と言っていました。生きて帰ってくれば、必ず次があります。

私はスタッフとのコミュニケーションが多くはありません。スタッフには私や会社のことより、生徒さんを常に見てほしい。上司の顔を見て仕事をしないで、お客さんをしっかり見る。これってとても大事なことですよ。

気乗りしない仕事に対する気持ちを軽くする簡単かつ効果的な工夫は、「最初の一歩を楽にする」という方法です。たとえば書類作成が億劫なときは、「とりあえずタイトルだけ書く」こと。すると勢いがついて2歩、3歩と前に進めます。複数のタスクのうち、したい仕事から始めるのも同じ効果が得られます。好きなことをまず行なえば、その流れで気の進まない仕事にもスムーズに着手できるでしょう。

やってみた後で効果がない、もしくは逆効果ということがわかれば、即時戻れるようにしておくことも大切。

クライアントを前にしたプレゼンテーションは30分から1時間ほどです。私たちのプランを選んでいただくには、その間い相手の心をつかみ、信頼を獲得しなければなりません。しかし、そのために何か特別なテクニックがあるのかと問われれば、「ない」と答えるしかありません。私たちにとっては当日の1時間だけではなく、1か月から半年にわたる準備期間のすべてがプレゼンの作業だといえるからです。

ストレスのほとんどが、人間関係から生じると私は思います。つまり、コミュニケーションが上手になれば、ストレスは大きく減るでしょう。

夢に近づくため、人一倍努力してきた人間にとって、挫折は恐ろしいものがあります。そして、そこから這い上がるためには、それまでの2倍、3倍ものエネルギーを使う。人間がそうしたエネルギーを発揮するところを書けたら、この小説は成功だなと。

【覚え書き|小説『翼がなくても』について】

当社は事業者の熱い思いをそのまま個人の投資家にぶつけます。すると多くはないですが、期待利回りが高くなくても熱意とユニークさにカネを出そうと言ってくれる人がいます。

ページの先頭へ