小池龍之介の名言|「受け流す技術」が大切

「業」をためない、ムダな怒りの感情に支配されないためには、なにごとも「受け流す技術」を手に入れること。いちいち感情を起動させず、ほったらかす。

小池龍之介(小池龍照) の経歴

小池龍之介、こいけ・りゅうのすけ。僧名・小池龍照、こいけ・りゅうしょう。日本の僧。山口出身。17歳で僧籍を取得。東京大学教養学部卒業後、寺院に勤務。その後、山口県にある浄土真宗正規寺第22代住職に就任。修行の傍ら、瞑想について教えた。主な著書に『考えない習慣』『ブッダにならう 苦しまない練習』『平常心のレッスン』『「自分」から自由になる沈黙入門』『貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社の規模にかかわらず、経営トップは迷わず決断を下すべきです。リーダーにとってはわずかな迷いでも、部下に伝わる過程でその迷いはさらに増幅していきます。決断を下す責任ある立場にいる人は、そういうことを常に心しておかねばなりません。

塙昭彦の名言|経営トップは迷わず決断を下すべき


子供のころに読んだ可愛いブタが主人公の絵本が大好きで、将来はブタと暮らせる仕事がしたいと思っていました。養豚場は、いずれ肉になる豚を育てるからつらい。ほかに何か良い方法はないかな、と思っていたところ、南仏のトリュフ探しで、ブタが活躍することを知りました。ブタと暮らせて貴重なトリュフも採れるなんて、一石二鳥だ!と思って、とにかくフランスへ行ってみよう。それも感性が柔らかい10代のうちに行くんだと、高校時代に目標を立てました。
【覚書き|大学でフランス文学を専攻し、フランス料理を学ぶ選択した理由について語った言葉】

柿沢安耶の名言|パティシエになったきっかけはブタから


口角を下げてしまうと、ネガティブな顔になってしまいます。すると、相手に不快感を与えかねません。会話も弾まなくなって、嫌われてしまうかもしれません。

上田彩子の名言|口角は下げない


漫然とパソコン画面に向かって検索を続けていても、良い仮説につながる情報を集めることは難しい。優れた仮説を生み出せるか否かは、月並みではあるが、どれだけ人と会うかにかかっている。「足で稼ぐ」ことの大切さはいまも昔も変わらない。

江幡哲也の名言・格言|優れた仮説を生み出すには、人と会って足で稼ぐこと


「スピード」は現代の会社にとって競争力の源。そのためには、トップがゆっくり決断しているわけにはいきません。

安渕聖司の名言|「スピード」は現代の会社にとって競争力の源


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ