樋口廣太郎の名言|言わなければ消えてしまうけれど、言えばそこから動き出す

思いは口にすべき。言わなければ消えてしまうけれど、言えばそこから動き出す。

樋口廣太郎 の経歴

樋口廣太郎、ひぐち・ひろたろう。日本の経営者。アサヒビール社長・会長。京都出身。京都大学経済学部卒業後、住友銀行に入行。同行で副頭取まで務めたのち、アサヒビール社長に就任。経営不振だったアサヒビールの再建に着手。半年以上経過したビールの回収やスーパードライ発売、味の刷新など思い切った経営改革を行い経営再建を成し遂げた経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者は、単に新たな施策を自社に導入することに注力するのではなく、その新たな枠組み(パラダイム)をまず構築し、その中で新たな試みや施策を導入することが必要になる。経営者の仕事の重要な部分が、自社の社員がものごとを解釈するパラダイムの管理と変革ともいえよう。

守島基博の名言・格言|経営者の仕事はパラダイムの管理と変革


商売の基本は、まず大衆に喜ばれるもの、時代の要求を反映したものは何かと考えることである。次に商品がかさばらないで、重くないこと、すなわちカタログ販売できることである。次にできる限り大勢の人の協力を得ること。自分一人でやっても、それはひとつの力にはならないことを知っておくべきである。この際、自分だけいい目を見ようとせずに、協力者と共存共栄をはからねばならない。この原則を守れば、必ず仕事は成功する。

中山幸市の名言|商売を成功させる秘訣


面接で「起業に向けて勉強したい」などという人がいますが、仕事は勉強や自己成長のためにするのではなく、成果を出すためにするものです。成果を出すために努力して、その結果、成長するものだと思います。勉強や成長を目的に仕事をしたり会社を選ぶのは間違っていると思います。

守安功の名言|仕事は勉強や自己成長のためにするものではなく、成果を出すためにするもの


私は移動中にケータイだけで1万字の原稿を書いたこともあります。人間って不思議ですね。執筆の時間をたっぷりとって、机に向かい「さあ、書くぞ」なんてやってたら、かえって能率が上がらないのです。とくに私は飽きっぽい性格ですから、逆に細切れ時間の方がいいのです。

西村晃の名言|時間をたっぷりとってやるより、細切れ時間を使った方が効率が上がる


私はもう丸9年になるが、某企業の課長クラスの社員に自らの体験をアドバイスしている。人数は10人未満で最初に2時間半ほど、仕事上の悩みに対して具体的な事例を挙げながら、質疑応答の時間を設けている。特徴的なのは、その後だ。「赤提灯」と呼んでいるが、オフィスを出て近くの居酒屋でざっくばらんに話す。お酒も入り、突っ込んだ話もでき好評だ。私にとっても現役世代との接点を持つことができる貴重な時間であり、精神衛生上も良い。世代も変われば、失敗話や経験談が喜ばれるのだ。なんとも愉快である。

塚田彊の名言|定年後はアドバイザーとして現役世代をサポートする


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ