カール・ジムロックの名言・格言|忍耐は甘い実をつける

このエントリーをはてなブックマークに追加

忍耐の草は苦い。しかし、最後には甘く柔らかい実をつける。


カール・ジムロック の経歴

【カール・ヨーゼフ・ジムロック、カール・ジョセフ・ジムロック。19世紀ドイツの詩人、作家、学者。ドイツの国民的英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』を現代ドイツ語訳したことで知られている。ボン大学、フンボルト大学卒。ボン大学教授

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あきらめないで自分を信じて欠点を矯正していく。それが一番大切だ。

私は特別な人間ではない。しいて言えば普通の人よりちょっと努力しただけだ。

同じようなミスを何度も繰り返したら、財産になってないじゃないかと思われちゃいます。

期待感や目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、僕にある種の力を与えてくれることがある。

不安もプレッシャーもありますが、それをはねのけられるのは納得できる練習しかないんです。

長い道のりだった。しかし我々はここまで来た。

本当に生きるということは、環境に迎合したり、また安易に受け入れられ、好かれたりすることであってはならない。私はいわゆる成功はむしろ絶望に等しいと思っている。いつでも計算を超えた無目的な闘い、いわばあらゆる対象への無条件な挑みを続けることが人間的であり、生きがいであると信じている。

ページの先頭へ