カール・ジムロックの名言・格言|人生を変える日は今日この日だけ

昨日行ったことを明日になって後悔しないように、神は今日、良い忠告を人々に与えてくれる。

カール・ジムロック の経歴

【カール・ヨーゼフ・ジムロック、カール・ジョセフ・ジムロック。19世紀ドイツの詩人、作家、学者。ドイツの国民的英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』を現代ドイツ語訳したことで知られている。ボン大学、フンボルト大学卒。ボン大学教授

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

才能がある人というのは結局、努力できる人。思いついたアイデアを具現化しようと努力するかどうかが勝負の分かれ目。

ビジネスのテーマになり得るダイヤの原石は、妻との日常会話から発見することがほとんどです。コツは、「子供の頃は何に夢中だったの?」「どんな映画や小説が好きなの?」、あるいは買い物に行ったときに「なんでそれを買うの?」といったように、妻の趣味嗜好を引き出す問いかけです。

企業が「もの」や「サービス」を提供する時に、僕が念頭に置いている概念があります。「有名になった方が勝つ」ということ。

組織に入れば下の人間は否応なしに上を見なければならない。しかし上は努力しなければ下を見られない。

いままさに日本の乳業の競争環境はこうなると思った通りになりました。世界の大企業は市場支配を広げようと国境を越え統廃合に動いている。変化が激しいから先が見えたんです。波もなく平穏だと、逆に将来予測が難しい。5年後も変わっていないのでは社員を鼓舞できません。

人から知恵を借りるときには、「この場合は、どうしたらいいだろうか」と本音をぶつけて相談するのが一番いいと思います。相手に気を使い、根回しをするのは時間の無駄になる。例えば、手土産を持っていったり、相手の気持ちを特別に立ててあげないと知恵も貸してくれない、アドバイスもしてくれない人は、自分には必要な人間ではないと思ったほうがいい。

3年後の自分の姿から逆算して、2年後、1年後の自分の姿を具体的にイメージできれば、プロセスも明らかになり、進捗状況も把握できるようになりますから、目標達成確率がグンと上がります。

本にはよく相手の目を見て話をしようとなどと書いてありますが、それは最初から最後まで友好的な会話をする時のこと。交渉では最初の挨拶の時以外は目を見つめ合わないで、問題を見るようにする方がいい。

理想に近づこうと努力すればするほど、理想は遠ざかっていく。しかし理想の実現よりもはるかに価値あることは、熱い思いをもって前に進み続けることである。ときにつまずき、ときに倒れることもあるだろう。それでも私たちは再び立ち上がる。現実から逃げることさえしなければ、それで充分である。

あなたの人生で一番若い瞬間とは、「今」なのです。あとで「あのとき、こうしておけばよかった」と思わないような生き方をしたいものですね。

ページの先頭へ