古屋一樹の名言|社長直轄部署で先進技術をテストする

私の直轄であらゆる先進技術をテストする部署を作った。具体的には自動レジや電子タグの実験を行っていく。これらを早期に実用化していきたい。

古屋一樹 の経歴

古屋一樹、ふるや・かずき。日本の経営者。「セブン-イレブン・ジャパン」社長。東京都出身。明治学院大学商学部卒業後、セブン-イレブン・ジャパンに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ITの専門知識を持たない普通の人が社会の役に立つアイデアを持っていても、そのイメージを正確にエンジニアに伝えることは難しい。以前からエンジニアを介するジレンマがあった。その課題を解決したい。

人はすぐ楽したいと思う。私も怠け者だからこそ、なお「厳しい道を」と決めているんですよ。厳しさの中で生き抜くと、先に必ず光が見えますから。

会社がなぜ成長し続けるのかは一言では言えませんが、「そのビジネスが人の役に立って求められていく」のが一番の理由ですね。一番喜んでいただけるプロダクトを作って提供し続けるのが、商売のシンプルな側面と言えます。

毎日同じメンバーとばかり交流していると、イノベーションは生まれにくい。社員が自由に働く場所を変えれば、自然といろいろな人と顔を合わせることができる。

成果が出せれば、誰かが必ず見てくれています。もし思うように出世できていなくても、周囲のことなど気にせず、目の前の仕事で成果を積み上げていけば、必ず認められるときが来ます。

今の時代は、あまりにも結果を早急に求めすぎるためにテクニックに走り、じっくりと考える力や耐える力を養うことがおろそかになっています。人間として、一番大事な教育が欠落している。私には自分が根本から鍛えられる生き方をしない限り、自分の真の才能を見つけ出すことはできないのではないかと思えるのです。

正確で早い決断をするには、判断基準を明確にすること。確かな判断基準を持つことはカンタン。「いま担当している仕事がクオリティ、コスト、スピードの3つのどこに重点がおかれているのか」「できることと、できないことのボーダーラインの数字はどれくらいなのか」。その2点をはっきりさせたうえで、自分一人で責任がとれる範囲なのかどうかで決めましょう。

どんなときも選択肢をできるだけ多く持つ。言い方を変えれば「視野を広げる」。たいてい人間は困ったことが起きて追い込まれると、とたんに視野が狭くなり「もう、これしかない」と思い込んでしまう。実際は選択肢がないのではなく、見えないだけ。

僕自身のモットーは「志高頭低」であり、ボーイスカウトのそれは「そなえよつねに」である。自分のモットーを定めようと思ったのは、長年大学で教育・研究に携わっているうちに、自己を律するためにも、学生を指導するうえでも、その必要性を感ずるようになったためである。

「その場」を包む空気はとても重要です。打ち合わせ場所の環境は決定に何らかの影響を与えていると思います。たとえば、恋人に告白する際、感じのいいレストランを予約したりするでしょう。それは感覚的にその場にふさわしく、相手や用事に合わせて選ぶからですよね。ビジネスシーンでは、皆さん、そういったことはあまり考えないかもしれないけれど、会議や打ち合わせも同じ。人間ですから環境の影響を受けるはずなんですよ。

ページの先頭へ