本田宗一郎の名言・格言|役人の言うことに従わないことが企業成長のカギ

このエントリーをはてなブックマークに追加

通産省に言われたことと全部反対のことをやってきた。だから、ホンダの今日がある。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

食べ物の最高の調味料は飢えである。飲み物にとっては渇きである。

自分が打ちたい手を素直に打つ。これがなかなかできない。はじめの頃は自分の思う打ち手があるのに、見栄や傍目を気にして「よそ行き」の手を打ってしまう。これ、一番いけないことなんです。自分の打ちたい手を打てば、たとえ間違っていても反省材料になるし、自分でも納得がいく。

全体的破滅を回避するという目標は、あらゆる他の目標に優先せねばならない。

清潔と無垢の状態に生きる者たちには、裸は恥ずかしいことでも不真面目なことでもありません。みだらで慎みもなく生きる者たちにとってのみそうなのです。

人間は、疑念を持つ。疑念を持つことは科学を芽生えさせる。

喜劇で最も難しい役は愚かな役であり、その役は愚か者には演じられない。

革命前にはすべてが努力であった。革命後にはすべてが要求に変わった。

ページの先頭へ