古屋一樹の名言|いつでもセブンが開いているというのが、お客様の安心感につながる

24時間営業を見直すつもりはいっさいない。夜11時から朝7時の売り上げや人件費を考えれば、閉めたほうがいいというのは誰もが持つ発想だ。だが、そんな単純な話ではない。セブンの場合、朝昼晩とピークの時間帯が3つある。仮に深夜帯に閉めてしまうと、朝と夜の売り上げが激減してしまう。朝7時に来ても、商品が棚に十分並んでいない。夜11時に店に行くと、閉店前なので品数が減っている。その結果、販売の機会ロスが起きる。おそらく店の売上高は3割ぐらい減るだろう。いつでもセブンが開いているというのが、お客様の安心感につながる。

古屋一樹 の経歴

古屋一樹、ふるや・かずき。日本の経営者。「セブン-イレブン・ジャパン」社長。東京都出身。明治学院大学商学部卒業後、セブン-イレブン・ジャパンに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

チームでPDCAを回す仕組みを作るといいでしょう。当社では3日に一度「半週ミーティング」を開き、専用の進捗管理シートで全員の行動計画を共有しています。こうしたフレーム(枠組み)を日常に組み込んでしまえば、いちいち考えなくても無意識レベルでPDCAが回るようになります。「何も考えなくてもPDCAが回っている」、これが理想の状態です。

冨田和成の名言|無意識レベルでPDCAが回る仕組みをつくる


罰には問題もあり、報酬と異なり知識を提供することではなく、あくまで「抑制」の効果しかないことです。過度な抑制は、さらに望ましくない反応を生む危険性もありますし、罰することで上司や会社を嫌ったり恐れたりさせることもあります。

角山剛の名言|部下を罰するデメリット


アイデアのネタになる情報に触れても、アンテナが立っていなければスルーしてしまう。

梅澤高明の名言|アイデアのネタになる情報に触れても、アンテナが立っていなければスルーしてしまう


同じ練習をやっていたら、みんなと同じプロレスになってしまう。

飯伏幸太の名言|同じ練習をやっていたら、みんなと同じプロレスになってしまう


「ありがとう」はまず形から。ありがとうと言うことが大事で、気持ちは後からついてきます。心を込めなきゃ、などと思っているから言えなくなる。

天野周一の名言|ありがとうはまず形から


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ