本田宗一郎の名言・格言|家康は嫌い

このエントリーをはてなブックマークに追加

そんなバカなことはないだろう。苦労して城を作ってくれたのだから大事にするなり、せめて情報の隔離ということからすれば島流しくらいがあたりまえで、殺すとは何事だ。
【覚書き:徳川家康が江戸城完成後に情報漏えいを防ぐため、築城にあたった労働者・技術者を全員殺したというエピソードを知った時の発言】


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者にとって大切なのは、ヒト・モノ・技術などを的確に評価し、どこまで伸びるか見極める能力です。

技術集約や知識集約の度合いが高まるにつれ、働く時間が長ければ成果が上がるという図式はとうに崩れている。問題を絶えず追及する人間にとって、オフ・ビジネスの時にひらめきを見出す例が多い。

富は海水に似ている。飲めば飲むほど、のどが渇くのだ。名声についても同じことが言える。

教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく。

真理はたいまつだ。しかも、巨大なたいまつだ。だから私たちは、みんな目を細めてそのそばを通り過ぎようとする。火傷することを恐れさえして。

どんじりランナーは時代の流れが逆向きにかあればトップになれる。

新規事業のすべてが軌道に乗るわけではない。見通しの厳しい事業については、傷口が大きくならないうちに見極め、有望な事業に力を振り向けることが必要

ページの先頭へ