ゲーテの名言・格言|目的に向かい努力し続ける限り救われる

このエントリーをはてなブックマークに追加

常によい目的を見失わずに努力を続ける限り、最後には必ず救われる。


ゲーテ の経歴

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ。ドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪。『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』『ヘルマンとドロテーア』『ファウスト』など多くの名作を残す。文筆家としての活躍と同時にヴァイマル公国の宰相としても実績を残した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社会生活では習慣は格言に勝る。習慣は生きた格言が本能となり、肉となったものである。

自分で100%の努力をするよりも、むしろ100人の1%ずつの努力を味方につけたいところだ。

本当に生きるということは、環境に迎合したり、また安易に受け入れられ、好かれたりすることであってはならない。私はいわゆる成功はむしろ絶望に等しいと思っている。いつでも計算を超えた無目的な闘い、いわばあらゆる対象への無条件な挑みを続けることが人間的であり、生きがいであると信じている。

期待感や目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、僕にある種の力を与えてくれることがある。

人生はマラソンなんだから、100メートルで一等をもらったってしょうがない。

苦しみは、苦しむ者がその限界を知り、その恐怖に想像を加えさせざれば、耐えられぬこともなく、かつ永続するものにあらず。

勝ったのは奇跡ではない。それだけのことをやったからです。
【覚書き:ワールドカップ・フランス代表監督時の発言。他国の数倍の9人のコーチを使い、欧州の各サッカーリーグの視察をさせ、敵味方両方を分析させた。その結果、ワールドカップ98年大会で優勝を収めることができた。その勝利を振り返っての発言】

ページの先頭へ